NBA,バスケットボールミュージアムLayupshot

Contact us 免責事項

© 2012-2017 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Design. PLANPOT DESIGN WORKS

JERSEY MUSEUM

HOME / JERSEY MUSEUM / 2010-2011 / Chicago Bulls / Keith Bogans

Keith Bogans #6
- Chicago Bulls - 2010-2011

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot"館内で展示されているジャージは全て販売可能です。(既に販売済みのジャージも含まれています) サイト内 "Price negotiation" ボタンより簡単なフォームにご記入頂くと、在庫の有無・販売価格をメールにて返信致します。 館内に展示されているジャージは、NBA選手が着用したもの、もしくは着用するために用意された大変貴重なものばかりです。

All jerseys display within the NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" are available for purchase. (Some jerseys on display are already sold) We will get back to you with the availability and price information if you contact us through the "Price Negotiation" button. Jerseys displayed in this museum have been worn, or issued to be worn by actual NBA players.

NBA Game Worn jersey museum "Layupshot" 博物馆内展示的所有球衣都是可以选购的(已售出的款式也在包含展示范围内)。 在本网页内,您只需点击 "Price negotiation" 图标,并简单的填写相应信息,相关球衣的库存和价格会通过EMAIL的形式发送给您。 本馆展示的所有球衣都是NBA球员亲着,或是比赛备用款式。均在市面上不可多得,具有很高收藏价值意义。

Jersey Description

This red Revolution 30 jersey was worn by #6 Keith Bogans of the Chicago Bulls in a Kia NBA Tip-Off '10 game during the 2010-2011 National Basketball Association regular season. Bogans wore this jersey during the Bulls' 106-95 loss to the Oklahoma City Thunder on October 27, 2010 at Oklahoma City Arena in Oklahoma City, OK. There is a “20th Anniversary 1st Championship Patch” over the right breast commemorating the franchise’s 1st NBA title in 1991.

Layup Navigation

2003 年のNBA Draft 43位でUniversity of KentuckyよりNBA入りを果たす。 Kentucky Wildcats時代には#42 Chuck Hayes#7 Kelenna Azubuikeなどとプレーし #3 Dwyane Wade, #16 Steve NovakなどをようしたMarquette Golden Eagles2003 NCAAトーナメントで対戦し69-83で敗退している。またKentucky Wildcats時代には#22 Tayshaun Prince, #21 Jamaal Magloireなど共年は違うがプレーを共にした。 University of Kentucky出身のNBAプレーヤーは数多く#31 Sam Bowie, #7 Kenny Walker, #3 Rex Chapman, #00 Tony Delk, #24 Jamal Mashburn, #5 Derek Anderson, #5 Ron Mercer, #40 Walter McCarty, #8 Antoine Walker, #34 Scott Padgett, #9 Rajon Rondo, #22 Tayshaun Prince, #8 Nazr Mohammed, #20 Jodie Meeks, #7 Brandon Knight, #42 Chuck Hayesほか #12 Eric Bledsoe, #15 DeMarcus Cousins, #34 DeAndre Liggins, #21 Jamaal Magloire, #21 Daniel Orton, #54 Patrick Patterson, #2 John Wallなど数多くが挙げられる。また高校時代には#24 Jonathan Bender, #5 Carlos Boozer, #4 Nick Collison, #17 Mike Dunleavy, #23 Casey Jacobsen, #24 Jason Kapono, #3 DerMarr Johnson, #23 Jason Richardson, #12 Damien Wilkins, #22 Jay Williamsなどと共に1999 McDonald's High School Basketball All American Teamsに選出されている。 この2003 NBA Draft 全体第1位指名は#23 LeBron James, 3位にはSyracuse UniversityNCAA 制覇を成し遂げた#15 Carmelo Anthony, 4位にはGeorgia Institute of Technology出身の#4 Chris Bosh,そして5位でMarquette University出身の #3 Dwyane Wadeとそうそうたる面々である。続く6位には #35 Chris KamanCentral Michigan Universityより、7位にはUniversity of Kansas出身の#12 Kirk Hinrichが、8位にUniversity of Texas at Austinから#11 T.J. Fordが、9位にGeorgetown University出身の#50 Mike Sweetneyが、10位にUniversity of Georgiaから#24 Jarvis Hayesが、11位にフランスより#20 Mickael Pietrusが、12位にはUniversity of Kansasから #4 Nick Collisonが、 13位には#2 Marcus BanksUniversity of Nevada, Las Vegasより指名を受けNBA入りを果たした。14位にはUniversity of Oregonより#13 Luke Ridnourが、18位にXavier Universityより#30 David Westが、20位にDuke Universityより#1 Dahntay Jonesが指名を受けている。この2003 NBA Draftでは21位指名を受けた#3 Boris Diaw同様に国外から2位指名で#31 Darko Milicicも上位指名された。また21位以降では23位に #25 Travis Outlawで24位にUniversity of Illinois at Urbana-Champaignより#43 Brian Cookが、25位には#10 Carlos Delfinoが、27位に #43 Kendrick Perkins, 28位に #20 Leandro Barbosa, 29位にWake Forest Universityより#5 Josh Howard, 31位にUniversity of California, Los Angelesより#26 Jason Kaponoが、そして32位にUniversity of Arizonaより #4 Luke Waltonが指名を受けている。他に 38位University of Marylandより #5 Steve Blake, 41位にはUniversity of Detroit Mercyから#33 Willie Green, 43位にUniversity of Kentucky出身の#10 Keith Bogansが指名を受けている他に45位にUniversity of Floridaから #15 Matt Bonner, 47位University of Alabamaから #25 Mo Williams,49位にUniversity of Miami出身の#22 James Jones, 51位Creighton University出身の#26 Kyle Korverと続いた。 2003-04seasonより Orlando Magicに在籍し同じくルーキーで#22 Reece Gainesなども入団しチームは #1 Tracy McGradyを中心に#5 Juwan Howard, #10 Tyronn Lue, #0 Drew Gooden, #34 Steven Hunter, #55 Andrew DeClercq, #2 DeShawn Stevenson, #7 Gordan Giricekなどといったメンバーと共にプレーし#3 Keith Bogans自身では73試合に出場して36試合に先発出場し平均6.8得点を記録している。 2004-05 seasonよりトレードでCharlotte Bobcatsに移籍する事になる。チームにはルーキーで#50 Emeka Okaforが入団し #3 Gerald Wallace, #22 Brevin Knight, #24 Jason Kaponoなどと共にプレーし#10 Keith Bogans自身では74試合に出場して42試合に先発出場し平均9.6得点を記録している。 2005-06seasonCharlotte Bobcatsにルーキーで#20 Raymond Felton, #42 Sean MayらがUniversity of North Carolinaより入団し#4 Kareem Rushなどもチーム内で活躍する中で#10 Keith Bogans自身怪我の為少ない出場機会に終わりシーズン途中の2月にJeff Van Gundyヘッドコーチのもと34-48の成績を残しチームには#11 Yao Ming, #1 Tracy McGrady, #5 Juwan Howard, #12 Rafer Alston, ルーキーの #2 Luther Head, #4 David Wesley, #55 Dikembe Mutombo, #44 Chuck Hayes, #8 Derek Andersonなどが在籍したHouston Rocketsにトレードされ代わりに#35 Lonny BaxterCharlotte Bobcatsに移籍した。 2006-07seasonには Orlando Magicに在籍しBrian Hillヘッドコーチのもと40-42の成績を残すチームにはルーキーで#7 J.J. Redickが入団し#12 Dwight Howard, #14 Jameer Nelson, #33 Grant Hill, #15 Hedo Turkoglu, #31 Darko Milicic, #1 Trevor Ariza, #5 Keyon Doolingなどと共にプレーする残念ながら#10 Keith Bogans2007 NBA Play Off ではプレーしていない。 2007-08 seasonにはOrlando MagicStan Van Gundyヘッドコーチのもと52-30の成績を残しチームにはルーキーで#13 Marcin Gortatが入団し#12 Dwight Howard, #14 Jameer Nelson, #9 Rashard Lewis, #15 Hedo Turkoglu,#1 Maurice Evans, #5 Keyon Doolingなどと共にプレーし#10 Keith Bogans自身では82試合に出場して35試合に先発出場し平均8.7得点を記録している。その後迎えたNBA Play Off Eastern Conference First RoundSam Mitchellヘッドコーチのもと41-41の成績を残しチームには#4 Chris Bosh, #24 Jason Kapono, #8 Jose Calderon, #11 T.J. Ford, #18 Anthony Parker, #7 Andrea Bargnani, #33 Jamario Moonなどを擁したToronto Raptors と対戦して4-1で勝利して続くNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsFlip Saundersヘッドコーチのもと59-23の成績を残しチームにはルーキーで#28 Arron Afflalo, #3 Rodney Stuckeyらが加入しチームには#32 Richard Hamilton, #1 Chauncey Billups, #22 Tayshaun Prince, #36 Rasheed Wallace, #24 Antonio McDyess, #54 Jason Maxiell, #25 Amir Johnson, #10 Lindsey Hunter, #42 Theo Ratliffなどを擁したDetroit Pistonsと対戦し1-4で敗退している。 翌2008-09seasonには Orlando MagicMilwaukee Bucksとの間のトレードによってMilwaukee Bucks へシーズン途中に移籍する #10 Tyronn Lueとのトレードであった。 Milwaukee Bucks ではScott Skilesヘッドコーチのもと34-48の成績を残しチームには #24 Richard Jefferson, #31 Charlie Villanueva, #3 Ramon Sessions, #22 Michael Redd, #13 Luke Ridnour, #6 Andrew Bogut, #9 Francisco Elsonなどと一緒にプレーするも#10 Keith Bogans自身はわずか29試合の出場に留まった。 2009-10seasonには San Antonio Spursに移籍しGregg Popovichヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームにはルーキーで #45 DeJuan Blairが加入し #20 Manu Ginobili, #21 Tim Duncan, #9 Tony Parker, #3 George Hill, #24 Richard Jefferson, #34 Antonio McDyess, #15 Matt Bonnerなどと共にプレーし#10 Keith Bogans自身では79試合に出場して50試合に先発出場し平均8.0得点を記録している。 NBA Play Off Western Conference First Round でRick Carlisleヘッドコーチのもと55-27の成績を残しチームには #41 Dirk Nowitzki, #4 Caron Butler, #31 Jason Terry, #2 Jason Kidd, #0 Shawn Marion, #33 Brendan Haywood などを擁したDallas Mavericksと対戦して4-2で勝利し続くNBA Play Off Western Conference Semifinals では Alvin Gentryヘッドコーチのもと54-28の成績を残しチームには#1 Amare Stoudemire, #23 Jason Richardson, #13 Steve Nash, #33 Grant Hill, #8 Channing Frye, #3 Jared Dudley, #2 Goran Dragic, #10 Leandro Barbosa, #15 Robin Lopezなどを擁したPhoenix Sunsと対戦して0-4でスウィ―プ負けしてしまう。 2010-11seasonより Chicago Bullsに在籍して Tom Thibodeau ヘッドコーチのもと62-20の成績を残し#6 Keith Bogans自身では82試合に全てに先発出場し平均4.4得点を記録している。 チームはNBA Play Off第1シードを獲得した2010-11seasonChicago Bullsでは#1 Derrick Roseを中心に#9 Luol Deng, #5 Carlos Boozer, #13 Joakim Noah, #26 Kyle Korver, #22 Taj Gibson, #6 Keith Bogansなどと共に #40 Kurt Thomasも活躍しほか#11 Ronnie Brewer, #32 C.J. Watson, #3 Omer Asikなども活躍する。迎えたNBA Play Off Eastern Conference First Round でルーキーの#24 Paul Georgeに加え#33 Danny Grangerを中心に#50 Tyler Hansbrough, #55 Roy Hibbert, #2 Darren Collison, #1 Dahntay Jones, #17 Mike Dunleavy, #32 Josh McRobertsなどをようしたIndiana Pacers 相手に4-1で勝利を収め続くNBA Play Off Eastern Conference Semifinals#2 Joe Johnson, #5 Josh Smith, #15 Al Horford, #24 Marvin Williamsと共に大活躍した #0 Jeff Teagueなどをようした Atlanta Hawks と戦い4-2で勝利しNBA Play off Eastern Conference Finals では #3 Dwyane Wade, #6 LeBron James, #1 Chris BoshのBig 3に加え#15 Mario Chalmers, #22 James Jones, #0 Mike Bibby, #13 Mike Miller, #5 Juwan Howard, #55 Eddie HouseなどをようしたMiami Heat のまえに1-4で敗退してしまう。 2011-12 seasonにはNew Jersey Netsに移籍しAvery Johnsonヘッドコーチのもと22-44の成績を残しチームにはルーキーで#9 MarShon Brooksが入団しチームの中心は #8 Deron Williamsでほか#43 Kris Humphries, #22 Anthony Morrow, #2 Jordan Farmarなどやシーズン途中に加入した#14 Gerald Greenが活躍する中2月中旬に解雇されている。

Continue reading ↑

Keith Bogans Profile

Position:
Guard-Forward
Height:
196cm
Weight:
98kg
Born:
5/12/1980, Virginia, USA
College:
University of Kentucky
Team:
Chicago Bulls, Eastern Conference
Jersey Status:
Game Worn

Other Status

KIA NBA TIP-OFF,

Away Jersey