NBA,バスケットボールミュージアム
Layupshot

Contact usSite Map

免責事項採用情報

© 2012 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Management. KY

Design. planpot™

Check on facebook

21 Layup Bespoke Air Force One

HOME / EVENT / 21Mercer Bespoke Shoes / RA34 Ray Allen

Nike Bespoke 20/21Mercer Milwaukee Bucks #34 Ray Allen

Milwaukee BucksはMilwaukee, Wisconsin州に本拠地を置きホームアリーナはBradley Centerである。1970-71seasonに”sky hook” で有名な#33 Kareem Abdul-Jabbarの活躍がありNBA Championに輝いている。Buckとはこの地域に生息する牡鹿の事でありチームカラーはグリーン、パープル、シルバーグレー、白でありjerseyのデザインもバラエティーに富んでおりシカがプリントされたものもあった。
#34 Ray Allenは#13 Glenn Robinsonらと共にチームの中心として活躍し7シーズンを過ごしたのちSeattle Super SonicsとBoston Celticsの両チームで5シーズンづつを過ごし、NBAを代表する3ポイントシューターである#34 Ray Allenは名実ともに21 Layupで紹介したいプレーヤーである。

1996年のNBA Draft 5位でUniversity of ConnecticutよりNBA入りを果たす。 1995-96seasonConnecticut Huskies#40 Travis Knightと共にプレーし#42 Donyell Marshall, #12 Kevin Ollieなども共プレーしている。

University of Connecticut出身のNBAプレーヤーには#12 Hilton Armstrong, #2 Josh Boone, #24 Scott Burrell, #4 Caron Butler, #2 Khalid El-Amin, #22 Rudy Gay, #7 Ben Gordon, #32 Richard Hamilton, #50 Emeka Okafor, #12 A.J. Price, #3 Clifford Robinson, #34 Hasheem Thabeet, #31 Charlie Villanueva, #43 Jake Voskuhl, #1 Kemba Walker, #5 Marcus Williamsなどが挙げられる。

この1996 NBA Draftでは第1位にGeorgetown Universityより#3 Allen Iverson, 2位にUniversity of Massachusetts Amherst出身の#21 Marcus Camby, 3位にUniversity of California出身の#3 Shareef Abdur-Rahim, 4位にGeorgia Institute of Technology出身の#33 Stephon Marbury, 5位にはUniversity of Connecticutから#34 Ray Allen, 6位にUniversity of Kentuckyより#8 Antoine Walker, 7位にUniversity of Memphisより#42 Lorenzen Wright, 8位Villanova University出身の#30 Kerry Kittles, 9位にUniversity of Louisvilleから#52 Samaki Walkerが、10位にはMississippi State University出身の#25 Erick DampierらがNBA入りしているが注意すべきはこれより後に指名されている選手たちの顔ぶれも素晴らしい事である。11位にNorth Carolina State University出身の#52 Todd Fuller, 12位にWright State University出身の#52 Vitaly Potapenkoが指名を受け続く13位には#8・#24 Kobe Bryantが指名を受けてNBA入りを果たしている。14位にはトルコ出身の#16 Peja Stojakovic, 15位にSanta Clara University出身の#13 Steve Nash, 16位にUniversity of Kentuckyから#00 Tony Delk, 17位には13位の#8・#24 Kobe Bryant と同じく高校卒業してすぐのアーリーエントリーによる#5 Jermaine O'Nealが、18位にSyracuse University出身の#44 John Wallace, 19位にはUniversity of Kentucky出身の#40 Walter McCarty, 20位にはリトアニアより#11 Zydrunas Ilgauskasが22位にUniversity of Alabama出身の#40 Roy Rogersが24位にはUniversity of Arkansas at Little Rock出身の#2 Derek Fisherが26位でGeorgetown University出身の#13 Jerome Williamsなどが続いたほか27位にはIndiana University出身の#34 Brian Evansが29位にUniversity of Connecticut出身の#40 Travis Knightが30位にはGeorgetown University出身の#32 Othella Harringtonが31位にWashington State University出身の#14 Mark Hendricksonが33位にはUniversity of West Florida出身の#12 Moochie Norrisが37位にUniversity of North Carolina出身の#5 Jeff McInnisが44位にDrexel University出身の#31 Malik Rose, 49位にはMarquette University出身の#00 Amal McCaskillが52位にはUniversity of Kentucky出身の#43 Mark Popeが54位にはUniversity of Georgia出身の#40 Shandon Andersonなどが指名を受けNBA入りをして活躍している。

#34 Ray Allenにとってのルーキーシーズンとなる1996-97 seasonMilwaukee BucksChris Fordヘッドコーチのもと33-49の成績を残しチームには#13 Glenn Robinson, #42 Vin Bakerを中心にほか#20 Sherman Douglas, #22 Johnny Newman, #10 Armen Gilliam, #5 Elliot Perry, #28 Andrew Lang, #52 Chucky Brown, #23 Joe Wolf, #7 David Woodなどが在籍しプレーを共にし#34 Ray Allen自身は出場した82試合のうち81試合に先発出場して平均13.4得点、4.0リバウンド、2.6アシスト、0.9スティール、0.1ブロックを記録した。

1997-98 seasonMilwaukee BucksChris Fordヘッドコーチのもと36-46の成績を残しチームには#13 Glenn Robinson, #7 Terrell Brandon, #10 Armen Gilliam, #42 Tyrone Hill, #40 Ervin Johnson, #5 Elliot Perry, #12 Michael Curry, #22 Ricky Pierce, #28 Andrew Langなどが在籍しプレーを共にし#34 Ray Allen自身は出場した82試合全てに先発出場して平均19.5得点、4.9リバウンド、4.3アシスト、1.4スティール、0.1ブロックを記録した。

1998-99 seasonMilwaukee BucksGeorge Karlヘッドコーチのもと28-22の成績を残しチームにはルーキーで#54 Robert Traylorが入団しチームには#34 Ray Allen, #13 Glenn Robinsonを中心に#20 Sam Cassell, #5 Tim Thomas, #12 Michael Curry, #10 Armen Gilliam, #40 Ervin Johnson, #3 Haywoode Workman, #30 Dell Curry, #25 Chris Gatlingなどが在籍しプレーを共にし#34 Ray Allen自身は出場した50試合全てに先発出場して平均17.1得点、4.2リバウンド、3.6アシスト、1.1スティール、0.1ブロックを記録した。#34 Ray Allenにとって初めてとなるNBA Play Offに進出し、むかえたNBA Play Off Eastern Conference First RoundLarry Birdヘッドコーチのもと33-17の成績を残しチームにはルーキーで#25 Al Harringtonが入団しチームには#31 Reggie Miller, #5 Jalen Rose, #45 Rik Smits, #13 Mark Jackson, #17 Chris Mullin, #32 Dale Davis, #33 Antonio Davis, #14 Sam Perkins, #31 Derrick McKey, #4 Travis Best, #20 Fred Hoiberg, #44 Austin Croshereなどが在籍したIndiana Pacersと対戦して0-3でスウィ―プ負けしている。

1999-00 seasonMilwaukee BucksGeorge Karlヘッドコーチのもと42-40の成績を残しチームにはルーキーで#11 Rafer Alstonが入団しチームには#34 Ray Allenを中心にほか #10 Sam Cassell, #13 Glenn Robinson, #5 Tim Thomas, #42 Scott Williams, #40 Ervin Johnson, #15 Vinny Del Negro, #21 Darvin Ham, #54 Robert Traylor, #25 Danny Manningなどが在籍しプレーを共にし#34 Ray Allen自身は出場した82試合全てに先発出場して平均22.1得点、4.4リバウンド、3.8アシスト、1.3スティール、0.2ブロックを記録した。1999-00season途中にMVPには#21 Tim Duncan#34 Shaquille O'Nealが同時受賞となったOakland Arena, Oakland, CAで開催された2000 NBA All-Star Gameに対戦した#21 Kevin Garnett, #21 Tim Duncan, #32 Jason Kidd, #34 Shaquille O'Neal, #8 Kobe BryantがWesternのスターターとして選出されWesternのリザーブメンバーでは#30 Rasheed Wallace, #20 Gary Payton, #4 Chris Webber, #12 John Stockton, #4 Michael Finley, #50 David Robinson, #32 Karl Maloneが選出されプレーし、Easternのスターターには#3 Allen Iverson, #15 Vince Carter, #33 Alonzo Mourning, #6 Eddie Jones, #33 Grant Hillが選出されEastern のリザーブメンバーとして #20 Allan Houston, #31 Reggie Miller, #13 Glenn Robinson, #55 Dikembe Mutombo, #42 Jerry Stackhouse, #32 Dale Davisと共に自身初選出されプレーをし試合結果はWest 137-East 126となった。NBA Play Off Eastern Conference First RoundLarry Birdヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームにはルーキーで#24 Jonathan Bender, #10 Jeff Fosterが入団しチームには#31 Reggie Miller, #5 Jalen Roseらを中心に #45 Rik Smits, #44 Austin Croshere, #4 Travis Best, #32 Dale Davis, #13 Mark Jackson, #14 Sam Perkins, #9 Derrick McKey, #17 Chris Mullin, #55 Zan Tabakなどが在籍したIndiana Pacersと対戦して2-3の接戦の末敗退している。

2000-01 seasonMilwaukee BucksGeorge Karlヘッドコーチのもと52-30の成績を残しチームにはルーキーで#22 Michael Redd, #7 Jason Hart, #6 Joel Przybillaらが入団しチームには#34 Ray Allen, #13 Glenn Robinsonを中心にほか#10 Sam Cassell, #5 Tim Thomas, #42 Scott Williams, #40 Ervin Johnson, #35 Jason Caffey, #11 Lindsey Hunter, #21 Darvin Ham, #43 Mark Pope, #24 Rafer Alstonなどが在籍しプレーを共にし#34 Ray Allen自身は出場した82試合全てに先発出場して平均22.0得点、5.2リバウンド、4.6アシスト、1.5スティール、0.2ブロックを記録した。MVP#3 Allen Iversonが輝く事になったMCI Center, Washington, DCで行われた2001 NBA All-Star Gameに対するWesternのスターターには#32 Jason Kidd, #4 Chris Webber, #21 Tim Duncan, #21 Kevin Garnett, #8 Kobe Bryantが選出されWesternのリザーブメンバーには#30 Rasheed Wallace, #4 Michael Finley, #20 Gary Payton, #24 Antonio McDyess, #50 David Robinson, #21 Vlade Divac, #32 Karl Maloneが選出され共にプレーしEasternのスターターには#3 Allen Iverson, #15 Vince Carter, #1 Tracy McGrady, #33 Antonio Davis, #14 Anthony Masonが選出されEasternのリザーブメンバーとして#55 Dikembe Mutombo, #3 Stephon Marbury, #13 Glenn Robinson, #8 Latrell Sprewell, #42 Jerry Stackhouse, #20 Allan Houstonと共に選出され試合は第3Qまでの20点差をEasternチームが跳ね返しEast 111-West 110という結果に終わった。NBA Play Off Eastern Conference First RoundDoc Riversヘッドコーチのもと43-39の成績を残しチームにはルーキーで#50 Mike Millerが入団しチームには#1 Tracy McGradyを中心にほか#10 Darrell Armstrong, #8 Pat Garrity, #45 Bo Outlaw, #55 Andrew DeClercq, #7 Dee Brown, #11 Troy Hudson, #51 Michael Doleac, #52 Don Reid, #13 John Amaechi, #3 Monty WilliamsなどをようしたOrlando Magicと対戦して3-1で勝利し、続くNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsではPaul Silasヘッドコーチのもと46-36の成績を残しチームにはルーキーで#21 Jamaal Magloire, #54 Lee Nailonらが入団しチームには#24 Jamal Mashburnを中心にほか#1 Baron Davis, #4 David Wesley, #5 Elden Campbell, #42 P.J. Brown, #32 Eddie Robinson, #44 Derrick Coleman, #33 Hersey Hawkins, #2 Scott Burrell, #52 Otis ThorpeなどをようしたCharlotte Hornetsと対戦して4-3の接戦の末勝利し、NBA Play Off Eastern Conference FinalsLarry Brownヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームにはルーキーで#19 Raja Bellが入団し#3 Allen Iversonを中心に#8 Aaron McKie, #55 Dikembe Mutombo, #20 Eric Snow, #40 Tyrone Hill, #33 Jumaine Jones, #9 George Lynch, #50 Todd MacCulloch, #52 Matt Geiger, #5 Kevin Ollie, #23 Rodney BufordなどをようしたPhiladelphia 76ersと対戦し3-4の接戦の末敗退している。

2001-02 seasonMilwaukee BucksGeorge Karlヘッドコーチのもと41-41の成績を残しチームには#34 Ray Allen, #13 Glenn Robinsonを中心にほか#10 Sam Cassell, #5 Tim Thomas, #22 Michael Redd, #17 Anthony Mason, #50 Greg Anthony, #35 Jason Caffey, #21 Darvin Ham, #11 Rafer Alston, #6 Joel Przybilla, #40 Ervin Johnson, #41 Mark Pope, #44 Greg Fosterなどが在籍しプレーを共にし#34 Ray Allen自身は出場した69試合のうち68試合に先発出場して平均21.8得点、4.5リバウンド、3.9アシスト、1.3スティール、0.3ブロックを記録した。31得点を上げる活躍をしてMVP#8 Kobe Bryantが輝きFirst Union Center, Philadelphia, PAで開催された2002 NBA All-Star GameにEasternのスターターには#3 Allen Iverson, #23 Michael Jordan, #55 Dikembe Mutombo, #8 Antoine Walker, #5 Jason Kiddが選出されEasternのリザーブメンバーとして #1 Tracy McGrady, #34 Paul Pierce, #33 Shareef Abdur-Rahim, #7 Jermaine O'Neal, #33 Alonzo Mourning, #1 Baron Davisと共に選出されプレーを共にした。また対戦したWesternのスターターとして#21 Tim Duncan, #21 Kevin Garnett, #4 Chris Webber, #3 Steve Francis, #8 Kobe Bryantが選出されWesternのリザーブメンバーには#41 Dirk Nowitzki, #13 Steve Nash, #20 Gary Payton, #42 Elton Brand, #16 Peja Stojakovic, #10 Wally Szczerbiakが選出され対戦した。試合の方はWest 135-East 120の結果に終わった。

2002-03 seasonMilwaukee BucksGeorge Karlヘッドコーチのもと42-40の成績を残しチームにはルーキーで#50 Dan Gadzuric, #12 Marcus Haislip, #15 Ronald Murrayらが入団しチームでは#34 Ray Allenを中心に#34 Ray Allen自身が出場した47試合のうち46試合に先発出場して平均21.3得点、4.6リバウンド、3.5アシスト、1.2スティール、0.2ブロックを記録したシーズン途中の2月に#15 Ronald Murray, #8 Kevin Ollieらと共に複数が絡むトレードによってSeattle SuperSonics#24 Desmond Mason, #20 Gary Paytonに代わって移籍する事になる。移籍した2002-03 seasonSeattle SuperSonicsNate McMillanヘッドコーチのもと40-42の成績を残しチームにはルーキーで#34 Reggie Evansが入団しチームには#7 Rashard Lewis, #31 Brent Barry, #77 Vladimir Radmanovic, #14 Predrag Drobnjak, #17 Kenny Andersonなどが在籍しプレーを共にし#34 Ray Allen自身は出場した29試合全てに先発出場して平均24.5得点、5.6リバウンド、5.9アシスト、1.6スティール、0.1ブロックを記録した。

2003-04 seasonSeattle SuperSonicsNate McMillanヘッドコーチのもと37-45の成績を残しチームにはルーキーで#8 Luke Ridnourが入団しチームには#34 Ray Allenを中心に#7 Rashard Lewis, #22 Ronald Murray, #77 Vladimir Radmanovic, #31 Brent Barry, #33 Antonio Daniels, #9 Vitaly Potapenko, #13 Jerome James, #52 Calvin Booth, #5 Ansu Sesay, #30 Reggie Evansなどが在籍しプレーを共にし#34 Ray Allen自身は出場した56試合全てに先発出場して平均23.0得点、5.1リバウンド、4.8アシスト、1.3スティール、0.2ブロックを記録した。2003-04seasonの途中にMVP#34 Shaquille O'Nealが輝いたSTAPLES Center, Los Angeles, CAで開催された2004 NBA All-Star GameにEasternのリザーブメンバーとして#6 Kenyon Martin, #21 Jamaal Magloire, #23 Ron Artest(Metta World Peace), #1 Baron Davis, #22 Michael Redd, #34 Paul Pierce, #5 Jason Kiddが選出されEasternのスターターには#7 Jermaine O'Neal, #1 Tracy McGrady, #3 Ben Wallace, #3 Allen Iverson, #15 Vince Carterが選出され対するWesternのスターターには #21 Kevin Garnett, #21 Tim Duncan, #3 Steve Francis, #11 Yao Ming, #8 Kobe Bryantが選出されWesternのリザーブメンバーとして#34 Shaquille O'Neal, #16 Peja Stojakovic, #19 Sam Cassell, #41 Dirk Nowitzki, #47 Andrei Kirilenko, #52 Brad Millerと共に選出されプレーしWest 136-East 132の結果に終わっている。

2004-05 seasonSeattle SuperSonicsNate McMillanヘッドコーチのもと52-30の成績を残しチームにはルーキーで#4 Nick Collison, #31 Robert Swift, #12 Damien Wilkinsらが入団しチームには#34 Ray Allenを中心に#7 Rashard Lewis, #33 Antonio Daniels, #13 Jerome James, #8 Luke Ridnour, #30 Reggie Evans, #21 Danny Fortson, #77 Vladimir Radmanovic, #22 Ronald Murray, #9 Vitaly Potapenkoなどが在籍しプレーを共にし#34 Ray Allen自身は出場した78試合全てに先発出場して平均23.9得点、4.4リバウンド、3.7アシスト、1.1スティール、0.1ブロックを記録した。2004-05 season中にMVPには#3 Allen Iversonが輝きPepsi Center, Denver, COで開催された2005 NBA All-Star Gameに対するEasternのリザーブメンバーには#3 Dwyane Wade, #7 Jermaine O'Neal, #11 Zydrunas Ilgauskas, #34 Paul Pierce, #0 Gilbert Arenas, #3 Ben Wallace, #4 Antawn Jamisonが選出されEasternのスターターには#3 Allen Iverson, #23 LeBron James, #32 Shaquille O'Neal, #15 Vince Carter, #33 Grant Hillが選出されWesternのスターターには#1 Tracy McGrady, #11 Yao Ming, #21 Tim Duncan, #21 Kevin Garnett, #8 Kobe Bryantが選出されWesternのリザーブメンバーとして#13 Steve Nash, #20 Manu Ginobili, #41 Dirk Nowitzki, #1 Amare Stoudemire, #31 Shawn Marion, #7 Rashard Lewisと共に選出されており結果はEast 125-West 115に終わっている。NBA Play Off Western Conference First RoundRick Adelmanヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームにはルーキーで#23 Kevin Martinが入団しチームには#16 Peja Stojakovic, #10 Mike Bibby, #3 Cuttino Mobley, #9 Kenny Thomas, #52 Brad Miller, #34 Corliss Williamson, #24 Bobby Jackson, #25 Darius Songaila, #5 Maurice Evans, #50 Eddie House, #54 Brian Skinner, #00 Greg OstertagなどをようしたSacramento Kingsと対戦して4-1で勝利し、続くNBA Play Off Western Conference SemifinalsGregg Popovichヘッドコーチのもと59-23の成績を残しチームにはルーキーで#14 Beno Udrihが入団し2004-05season2005 NBA Championとなる#21 Tim Duncan, #9 Tony Parker, #20 Manu Ginobili, #2 Nazr Mohammed, #5 Robert Horry, #17 Brent Barry, #14 Beno Udrih, #3 Glenn RobinsonなどをようしたSan Antonio Spursに2-4で敗退している。

2005-06 seasonSeattle SuperSonicsBob Weissヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりに Bob Hillヘッドコーチが就任しチームにはルーキーで#27 Johan Petroが入団しチームには#34 Ray Allenを中心に#7 Rashard Lewis, #54 Chris Wilcox, #8 Luke Ridnour, #22 Ronald Murray, #77 Vladimir Radmanovic, #4 Nick Collison, #12 Damien Wilkins, #30 Reggie Evans, #31 Robert Swift, #25 Earl Watson, #33 Mikki Mooreなどが在籍しプレーを共にし#34 Ray Allen自身は出場した78試合全てに先発出場して平均25.1得点、4.3リバウンド、3.7アシスト、1.3スティール、0.2ブロックを記録した。2005-06 seasonの途中にToyota Center, Houston, TXで行われた2006 NBA All-Star GameではMVP#23 LeBron Jamesが輝きEasternのスターターとして#3 Dwyane Wade, #23 LeBron James, #3 Allen Iverson, #32 Shaquille O'Neal, #15 Vince Carterが選出されプレー、Easternの控え選手にはDetroit Pistonsより4人の選手が選ばれ#3 Ben Wallace, #30 Rasheed Wallace, #1 Chauncey Billups, #32 Richard Hamiltonらで他に#4 Chris Bosh, #34 Paul Pierce, #0 Gilbert Arenasなども選出された。また対戦したWesternのスターターには#8 Kobe Bryant, #1 Tracy McGrady, #21 Tim Duncan, #11 Yao Ming, #13 Steve Nashが選出されWesternのリザーブメンバーとして#9 Tony Parker, #31 Shawn Marion, #42 Elton Brand, #21 Kevin Garnett, #41 Dirk Nowitzki, #16 Pau Gasolと共に選出されプレーを共にした。East 122-West 120の結果に終わった。

2006-07 seasonSeattle SuperSonicsBob Hillヘッドコーチのもと31-51の成績を残しチームには#34 Ray Allenを中心に#7 Rashard Lewis, #54 Chris Wilcox, #8 Luke Ridnour, #4 Nick Collison, #25 Earl Watson, #12 Damien Wilkins, #27 Johan Petro, #15 Mickael Gelabale, #29 Mike Wilks, #21 Danny Fortsonなどが在籍しプレーを共にし#34 Ray Allen自身は出場した55試合全てに先発出場して平均26.4得点、4.5リバウンド、4.1アシスト、1.5スティール、0.2ブロックを記録した。2006-07 season途中にMVPには#24 Kobe Bryantが輝きThomas & Mack Center, Las Vegas, NVで開催された2007 NBA All-Star GameにWesternのスターターには#1 Tracy McGrady, #41 Dirk Nowitzki, #21 Tim Duncan, #21 Kevin Garnett, #24 Kobe Bryantが選出されWesternのリザーブメンバーとして#15 Carmelo Anthony, #9 Tony Parker, #31 Shawn Marion, #1 Amare Stoudemire, #5 Josh Howard, #13 Mehmet Okurと共に選出されプレーを共にし対するEasternのスターターとして#23 LeBron James, #3 Dwyane Wade, #4 Chris Bosh, #0 Gilbert Arenas, #32 Shaquille O'Nealが選出されEasternのリザーブメンバーには#7 Jermaine O'Neal, #12 Dwight Howard, #2 Joe Johnson, #1 Chauncey Billups, #15 Vince Carter, #3 Caron Butler, #32 Richard Hamiltonが選出されたこの2007 NBA All-Star Gameの結果はWest 153-East 132に終わっている。この2006-07 season終了後にBoston CelticsSeattle SuperSonicsの間のトレードによって#11 Glen Davisと共に#22 Jeff Green, #10 Wally Szczerbiak, #13 Delonte Westに代わって移籍する事になる。

2007-08 seasonBoston CelticsDoc Riversヘッドコーチのもと66-16の成績を残しチームにはルーキーで#13 Gabe Pruitt, #11 Glen Davisらが入団しチームには新加入で#5 Kevin Garnettがチームの中心であった#34 Paul Pierceと同じく新加入の#20 Ray Allenと共にBig3を結成し他チームには#9 Rajon Rondo, #43 Kendrick Perkins, #41 James Posey, #42 Tony Allen, #0 Leon Powe, #50 Eddie House, #44 Brian Scalabrineまたシーズン途中にはベテランの#93 P.J. Brown, #28 Sam Cassell, #66 Scot Pollardなどが在籍しプレーを共にし#20 Ray Allen自身は出場した73試合全てに先発出場して平均17.4得点、3.7リバウンド、3.1アシスト、0.9スティール、0.2ブロックを記録した。2007-08 season途中にMVPには#23 LeBron Jamesが輝きNew Orleans Arena, New Orleans, LAで開催された2008 NBA All-Star GameにEasternのリザーブメンバーとして#34 Paul Pierce, #1 Chauncey Billups, #32 Richard Hamilton, #36 Rasheed Wallace, #2 Joe Johnson, #4 Antawn Jamisonと共に選出されEasternのスターターには#12 Dwight Howard, #23 LeBron James, #5 Jason Kidd, #3 Dwyane Wade, #4 Chris Boshが選出され対するWesternのスターターには#21 Tim Duncan, #15 Carmelo Anthony, #3 Allen Iverson, #11 Yao Ming, #24 Kobe Bryantが選出されWesternのリザーブメンバーには#7 Brandon Roy, #3 Chris Paul, #41 Dirk Nowitzki, #1 Amare Stoudemire, #13 Steve Nash, #5 Carlos Boozer, #30 David Westが選出されており結果はEast 134-West 128に終わっている。NBA Play Off Eastern Conference First RoundMike Woodsonヘッドコーチのもと37-45の成績を残しチームにはルーキーで#15 Al Horford, #4 Acie Law, #6 Mario Westらが入団しチームには#2 Joe Johnsonを中心にほか#5 Josh Smith, #24 Marvin Williams, #10 Mike Bibby, #1 Josh Childress, #27 Zaza Pachulia, #20 Salim Stoudamire, #44 Solomon JonesなどをようしたAtlanta Hawksと対戦して4-3の接戦の末勝利し、続くNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsでもMike Brownヘッドコーチのもと45-37の成績を残しチームにはルーキーで#35 Demetris Nicholsが入団しチームには#23 LeBron Jamesを中心にほか#11 Zydrunas Ilgauskas, #13 Delonte West, #10 Wally Szczerbiak, #1 Daniel Gibson, #32 Joe Smith, #17 Anderson Varejao, #4 Ben Wallace, #33 Devin Brown, #3 Sasha Pavlovic, #19 Damon JonesなどをようしたCleveland Cavaliersと対戦し4-3の接戦の末勝利し、NBA Play Off Eastern Conference FinalsFlip Saundersヘッドコーチのもと59-23の成績を残しチームにはルーキーで#3 Rodney Stuckey, #28 Arron Afflaloらが入団しチームには#32 Richard Hamilton, #1 Chauncey Billups, #22 Tayshaun Prince, #36 Rasheed Wallace, #24 Antonio McDyess, #54 Jason Maxiell, #9 Jarvis Hayes, #25 Amir Johnson, #10 Lindsey Hunter, #42 Theo Ratliff, #5 Walter Herrmann, #8 Juan DixonなどをようしたDetroit Pistonsと対戦し4-2で勝利し自身初となるNBA Finalsへとコマを進めた。むかえた2008 NBA FinalsではPhil Jacksonヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームには#24 Kobe Bryant中心に#2 Derek Fisher, #3 Trevor Ariza, #7 Lamar Odom, #16 Pau Gasolなどで #17 Andrew Bynumを怪我で欠くなかベンチには#5 Jordan Farmar, #77 Vladimir Radmanovic, #21 Ronny Turiaf, #18 Sasha Vujacic, #4 Luke Walton, #28 Didier Ilunga-Mbengaなどが在籍したLos Angeles Lakersと対戦し4-2で勝利し見事2008 NBA Championに輝いている。

2008-09 seasonBoston CelticsDoc Riversヘッドコーチのもと62-20の成績を残しチームにはルーキーで#12 Bill Walkerが入団しチームには#34 Paul Pierce, #20 Ray Allenを中心にBig 3の一人である#5 Kevin Garnettが怪我の為シーズン途中に欠場なりほか#9 Rajon Rondo, #11 Glen Davis, #43 Kendrick Perkins, #50 Eddie House, #44 Brian Scalabrine, #0 Leon Powe, #42 Tony Allen, #13 Gabe Pruittなどと新たにベテラン勢として#8 Stephon Marbury, #7 Mikki Mooreなども加入する中#20 Ray Allen自身は出場した79試合全てに先発出場して平均18.2得点、3.5リバウンド、2.8アシスト、0.9スティール、0.2ブロックを記録した。2008-09 season途中にMVPには#24 Kobe Bryant#32 Shaquille O'Nealが同時受賞で輝きUS Airways Center, Phoenix, AZで開催された2009 NBA All-Star GameにEasternのリザーブメンバーとして#2 Joe Johnson, #9 Rashard Lewis, #34 Paul Pierce, #34 Devin Harris, #2 Mo Williams, #33 Danny Grangerと共に選出されEasternのスターターには#12 Dwight Howard, #23 LeBron James, #3 Dwyane Wade, #5 Kevin Garnett, #1 Allen Iversonが選出され対するWesternのスターターには#3 Chris Paul, #1 Amare Stoudemire, #21 Tim Duncan, #11 Yao Ming, #24 Kobe Bryantが選出されWesternのリザーブメンバーには#7 Brandon Roy, #9 Tony Parker, #1 Chauncey Billups, #16 Pau Gasol, #30 David West, #41 Dirk Nowitzki, #32 Shaquille O'Nealが選出されており結果はWest 146-East 119に終わっている。NBA Play Off Eastern Conference First RoundVinny Del Negroヘッドコーチのもと41-41の成績を残しチームにはルーキーで#1 Derrick Roseが入団しチームには#7 Ben Gordon, #15 John Salmons, #12 Kirk Hinrich, #52 Brad Miller, #13 Joakim Noah, #24 Tyrus Thomas, #5 Anthony Roberson, #2 Tim Thomas, #10 Lindsey Hunter, #34 Aaron GrayなどをようしたChicago Bullsと対戦し4-3の接戦の末勝利し、NBA Play Off Eastern Conference SemifinalsStan Van Gundyヘッドコーチのもと59-23の成績を残しチームにはルーキーで#11 Courtney Leeが入団しチームには#12 Dwight Howardを中心にほか#9 Rashard Lewis, #15 Hedo Turkogluらも活躍、シーズン途中の移籍によって加入した#1 Rafer Alstonが怪我の為プレー出来なかった#14 Jameer Nelsonの分も活躍し#20 Mickael Pietrus, #7 J.J. Redick, #8 Anthony Johnson, #13 Marcin Gortat, #4 Tony Battie, #10 Tyronn Lue, #31 Adonal FoyleなどをようしたOrlando Magicと対戦して3-4の接戦の末敗退している。Orlando Magicはこの2008-09 season2009 NBA Finalsに進出するもLos Angeles Lakersと対戦し1-4で敗退している。

2009-10 seasonBoston CelticsDoc Riversヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームには#34 Paul Pierce, #20 Ray Allen, #5 Kevin Garnettを軸に成長著しい#9 Rajon Rondoほか#11 Glen Davis, #30 Rasheed Wallace, #43 Kendrick Perkinsなども活躍#42 Tony Allen, #4 Nate Robinson, #7 Marquis Daniels, #40 Michael Finley, #44 Brian Scalabrineなどが在籍しプレーを共にし#20 Ray Allen自身は出場した80試合全てに先発出場して平均16.3得点、3.2リバウンド、2.6アシスト、0.8スティール、0.3ブロックを記録した。NBA Play Off Eastern Conference First RoundErik Spoelstraヘッドコーチのもと47-35の成績を残しチームには#3 Dwyane Wadeを中心にほか#15 Mario Chalmers, #30 Michael Beasley, #5 Quentin Richardson, #40 Udonis Haslem, #8 Carlos Arroyo, #1 Dorell Wright, #7 Jermaine O'Neal, #50 Joel Anthony, #22 James Jones, #21 Jamaal MagloireなどをようしたMiami Heatと対戦し4-1で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference SemifinalsMike Brownヘッドコーチのもと61-21の成績を残しチームにはルーキーで#14 Danny Greenが入団しチームには#23 LeBron Jamesを中心にほか#4 Antawn Jamison, #2 Mo Williams, #33 Shaquille O'Neal, #18 Anthony Parker, #13 Delonte West, #17 Anderson Varejao, #21 J.J. Hickson, #15 Jamario Moon, #11 Zydrunas Ilgauskas, #44 Leon PoweなどをようしたCleveland Cavaliersと対戦し4-2で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference FinalsではStan Van Gundyヘッドコーチのもと59-23の成績を残しチームには#12 Dwight Howardを中心にほか#14 Jameer Nelson, #15 Vince Carter, #9 Rashard Lewis, #20 Mickael Pietrus, #7 J.J. Redick, #22 Matt Barnes, #13 Marcin Gortat, #44 Jason Williams, #33 Ryan Anderson, #30 Brandon Bass, #8 Anthony JohnsonなどをようしたOrlando Magicと対戦し4-2で勝利し、むかえた2010 NBA FinalsPhil Jacksonヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームには新加入で#37 Ron Artest(Metta World Peace)が加入チームは#24 Kobe Bryantを中心に#16 Pau Gasol, #2 Derek Fisher, #7 Lamar Odom, #17 Andrew Bynum, #12 Shannon Brown, #1 Jordan Farmar, #18 Sasha Vujacic, #4 Luke Walton, #21 Josh Powell, #6 Adam Morrison, #28 Didier Ilunga-Mbengaなどが在籍したLos Angeles Lakersと対戦しBoston Celticsはこのシリーズ3-4とゲーム7まで分からない大接戦の中シリーズ途中で怪我をしプレー不可能になった#43 Kendrick Perkinsの影響もありLos Angeles Lakersがゲーム7を勝利し2010 NBA Championに輝いている。2年連続でシリーズを通して活躍した#24 Kobe Bryant2009-10 NBA Finals MVPを受賞した。

2010-11 seasonBoston CelticsDoc Riversヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームにはルーキーで#0 Avery Bradley, #86 Semih Erdenらが入団しチームには#34 Paul Pierce, #20 Ray Allen, #5 Kevin GarnettのBig 3に加え成長著しい#9 Rajon Rondoが活躍を見せシーズン中のトレードによってチームは少し変化を見せた中#8 Jeff Green, #13 Delonte West, #7 Jermaine O'Neal, #11 Glen Davis, #4 Nenad Krstic, #36 Shaquille O'Neal, #30 Troy Murphy, #12 Von Waferなどが在籍しプレーを共にし#20 Ray Allen自身は出場した80試合全てに先発出場して平均16.5得点、3.4リバウンド、2.7アシスト、1.0スティール、0.2ブロックを記録した。2010-11 season途中にMVP#24 Kobe Bryantが輝きLos Angeles Lakersの地元STAPLES Center, Los Angeles, CAで開催された2011 NBA All-Star Gameに選出され試合結果はWest 148-East 143で対戦したWesternのスターターには#35 Kevin Durant, #3 Chris Paul, #15 Carmelo Anthony, #21 Tim Duncan, #24 Kobe Bryantが選出されWesternのリザーブメンバーには#16 Pau Gasol, #20 Manu Ginobili, #8 Deron Williams, #32 Blake Griffin, #41 Dirk Nowitzki, #0 Russell Westbrook, #42 Kevin Loveが選出されEasternのスターターには#6 LeBron James, #1 Derrick Rose, #1 Amare Stoudemire, #12 Dwight Howard, #3 Dwyane Wadeが選出されEasternのリザーブメンバーとして#1 Chris Bosh, #9 Rajon Rondo, #2 Joe Johnson, #34 Paul Pierce, #15 Al Horford, #5 Kevin Garnettと共に選出され戦った。NBA Play Off Eastern Conference First RoundMike D'Antoniヘッドコーチのもと42-40の成績を残しチームにはルーキーで#6 Landry Fieldsが入団しチームには#7 Carmelo Anthony, #1 Amare Stoudemireを中心にほか#23 Toney Douglas, #3 Shawne Williams, #9 Jared Jeffries, #14 Ronny Turiaf, #5 Bill Walker, #25 Anthony Carter, #18 Roger Mason, #4 Chauncey BillupsなどをようしたNew York Knicksと対戦し4-0のスウィ―プで勝利し、続くNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsErik Spoelstraヘッドコーチのもと58-24の成績を残しチームにはルーキーで#45 Dexter Pittmanが入団しチームは#3 Dwyane Wade, #6 LeBron James, #1 Chris Boshの新たに結成されたBig 3に加え#15 Mario Chalmers, #22 James Jones, #0 Mike Bibby, #13 Mike Miller, #5 Juwan Howard, #55 Eddie HouseなどをようしたMiami Heatと対戦し1-4で敗退している。

2011-12 seasonBoston CelticsDoc Riversヘッドコーチのもと39-27の成績を残しチームにはルーキーで#12 JaJuan Johnson, #55 E'Twaun Moore, #54 Greg Stiemsmaらが入団しチームには新加入で#30 Brandon Bassなども活躍を見せる中チームには#5 Kevin Garnett, #34 Paul Pierceに加え#9 Rajon Rondoも成長を見せ#28 Mickael Pietrus, #0 Avery Bradley, #51 Keyon Dooling, #4 Marquis Daniels, #50 Ryan Hollinsなどが在籍しプレーを共にし#20 Ray Allen自身は出場した46試合うち42試合に先発出場して平均14.2得点、3.1リバウンド、2.4アシスト、1.1スティール、0.2ブロックを記録した。#20 Ray Allenはシーズン終盤に怪我の為調子を崩していた。NBA Play Off Eastern Conference First RoundLarry Drewヘッドコーチのもと40-26の成績を残しチームにはルーキーで#44 Ivan Johnsonが入団しチームには#2 Joe Johnsonを中心にほか#5 Josh Smith, #0 Jeff Teague, #24 Marvin Williams, #15 Al Horfordが怪我の為十分にプレー出来ずにチームには他#6 Kirk Hinrich, #1 Tracy McGrady, #25 Erick Dampier, #7 Jannero Pargo, #33 Willie Green, #34 Jason Collins, #77 Vladimir RadmanovicなどをようしたAtlanta Hawksと対戦し4-2で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference SemifinalsではDoug Collinsヘッドコーチのもと35-31の成績を残しチームには#9 Andre Iguodala, #11 Jrue Holiday, #23 Louis Williams, #12 Evan Turner, #00 Spencer Hawes, #42 Elton Brand, #21 Thaddeus Young, #20 Jodie Meeks, #7 Sam YoungなどをようしたPhiladelphia 76ersと対戦し先に王手をかけられながらも見事4-3で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference FinalsではErik Spoelstraヘッドコーチのもと46-20の成績を残しチームにはルーキーで#30 Norris Coleが入団しチームには#31 Shane Battierも加入ほかシーズン途中に#21 Ronny Turiafも加入チームには#3 Dwyane Wade, #6 LeBron James怪我の為出場は危ぶまれた#1 Chris Boshほか#15 Mario Chalmers, #13 Mike Miller, #40 Udonis Haslem, #50 Joel Anthony, #22 James Jones, #5 Juwan Howard, #45 Dexter PittmanなどのメンバーをそろえたMiami Heatのまえに3-4と接戦を繰り広げたが敗退している。この2012 NBA ChampionにはMiami Heatが輝いている。