NBA,バスケットボールミュージアム
Layupshot

Contact usSite Map

免責事項採用情報

© 2012 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Management. KY

Design. planpot™

Check on facebook

21 Layup Bespoke Air Force One

HOME / EVENT / 21Mercer Bespoke Shoes / MJ23 Michael Jordan

Nike Bespoke 9/21Mercer Chicago Bulls #23 Michael Jordan

Chicago BullsはChicago, Illinois州に本拠地を置きホームアリーナはUnited Centerであり#23 Michael Jordanがルーキー時代より初めの3ピート(3連覇)を達成させたのはChicago Stadiumである。チーム名はイリノイ州で畜産が盛んだったことから雄牛の猛獣Bullと名づけられている。球団設立1966年にNBAのチームとしてスタートするも長らく低迷期のシーズンが続いたチームに訪れた転期は勿論1984 NBA Draft 3位で入団した#23 Michael Jordanから始まる強豪チームへの変貌でありチームに在籍した長きにわたって6度ものNBA Championsを獲得しており、人気、実力ともに確かなものとなった。チームカラーは赤、黒、白で赤い雄牛の頭部描かれたロゴを見た事が無い者はいないであろう。
#23 Michael Jordanはバスケットボールの神様とも評される実績の持ち主でその偉業はUniversity of North Carolina時代にさかのぼる。#23 Michael Jordan の活躍によって1982 NCAA championにも輝いており、学生時代の1984 Los Angeles Olympicで活躍しゴールドメダルを獲得した。NBAでは5度のNBA Most Valuable Player に輝き、6度のNBA championsを獲得しその全てのFinalsにおいて6回 NBA Finals MVPを受賞し3度のNBA All-Star Game MVP に輝いており、世界史上ナンバーワンのスーパースタープレーヤーであり1992年のバルセロナオリンピックで注目を浴びたドリームチームのメンバーであり#9をつけて活躍した。NBA、バスケットボール全てを変えてしまったプレーヤーで数多くの名シーンを生んだ#23 Michael Jordanは名実ともに21 Layupで紹介しなければならないThe Greatest NBAプレーヤーである。

1984年のNBA Draft 3位にUniversity of North CarolinaよりChicago Bullsに入団する。University of North Carolina 時代の#23 Michael Jordanが1年生の時の1981-82seasonNorth Carolina Tar HeelsDean Smithヘッドコーチのもと32-2の成績を残しNCAAトーナメントFinalまで勝ち進み#14 Sam Perkins, #24 James Worthyなどと共に#33 Patrick Ewing, #21 Sleepy FloydなどをようしたGeorgetown Hoyasと対戦し63-62の大接戦の末勝利し1982年にNCAA全米制覇を成し遂げている。University of North Carolina出身のNBAプレーヤーには#11 Bob McAdoo, #22 Dudley Bradley, #22 George Karl, #44 Hubert Davis, #42 James Worthy, #14 Sam Perkins, #7 J.R. Reid, #30 Kenny Smith, #42 Jerry Stackhouse, #30 Rasheed Wallace, #43 Brad Daugherty, #42 Joe Wolf, #1 Rashad McCants, #42 Scott Williams, #5 Jeff McInnis, #00 Eric Montross, #17 Rick Fox, #40 Joseph Forte, #1 Shammond Williams, #15 Vince Carter, #32 Ed Davis, #20 Raymond Felton, #14 Danny Green, #50 Tyler Hansbrough, #33 Brendan Haywood, #4 Antawn Jamison, #3 Ty Lawson, #42 Sean May, #24 Marvin Williams, #32 Brandan Wrightなどが挙げられるがここでは全て紹介できない程多くの選手たちがいる。

この1984 NBA Draftでは第1位にUniversity of Houston出身の#34 Hakeem Olajuwonが指名を受け、2位にUniversity of Kentucky出身の#31 Sam Bowieが3位にUniversity of North Carolina出身の#23 Michael Jordanが4位にも同じくUniversity of North Carolinaより#14 Sam Perkinsが指名を受け続く5位にAuburn University出身の#34 Charles Barkleyが指名されPhiladelphia 76ersに入団する。

6位にUniversity of Kentucky出身の#54 Melvin Turpin, 7位にUniversity of Arkansas出身の#21 Alvin Robertson, 9位にProvidence College出身の#33 Otis Thorpeが10位にCalifornia State University, Fullerton出身の#33 Leon Woodが, 11位にMichigan State University出身の#42 Kevin Willisが,14位にSan Diego State University出身の#44 Michael Cageが,15位にTemple University出身の#43 Terence Stansburyが,16位にはGonzaga University出身の#12 John Stocktonなどが指名を受けている。17位にVanderbilt Universityより#31 Jeff Turner, 18位にUniversity of Georgia出身の#10 Vern Flemingが,19位にはCalifornia State University, Fresno出身の#33 Bernard Thompsonが,20位にOhio State University出身の#19 Tony Campbellが,21位にUniversity of California, Los Angeles出身の#54 Kenny Fieldsなどが指名を受け、33位にNew Mexico State University出身の#20 Steve Colter, 46位にLongwood University出身の#25 Jerome Kerseyなどがこの1994 NBA Draftで指名を受けている。

#23 Michael Jordanにとってのルーキーシーズンでもある1984-85seasonChicago BullsKevin Lougheryヘッドコーチのもと38-44の成績を残しチームには#0 Orlando Woolridge, #44 Quintin Dailey, #10 Dave Greenwood, #40 Dave Corzine, #21 Sidney Green, #1 Wes Matthewsなどのプレーヤーと共にチーム1位の活躍を見せ#23 Michael Jordan自身は出場した82試合全てにスターターとしてプレーして平均28.2得点、6.5リバウンド、5.9アシスト、2.4スティール、0.8ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1984-85season途中にMVPには#50 Ralph Sampsonが輝きHoosier Dome, Indianapolis, INで開催された1985 NBA All-Star GameでEasternのスターターとして#2 Moses Malone, #33 Larry Bird, #11 Isiah Thomas, #6 Julius Ervingと共に選出されEasternのリザーブメンバーには#30 Bernard King, #4 Sidney Moncrief, #34 Terry Cummings, #20 Micheal Ray Richardson, #3 Dennis Johnson, #40 Bill Laimbeer, #00 Robert Parishが選出されプレーを共にした。迎えたNBA Play Off Eastern Conference First RoundDon Nelsonヘッドコーチのもと59-23の成績を残しチームには#34 Terry Cummings, #4 Sidney Moncrief, #25 Paul Pressey, #22 Ricky Pierce, #53 Alton Lister, #15 Craig HodgesなどをようしたMilwaukee Bucksと対戦し1-3で敗退している。1984-85 NBA Rookie of the Yearに輝いた#23 Michael Jordanと同じく1981-82seasonには#52 Buck Williamsが翌1982-83seasonには#34 Terry Cummings1983-84seasonには#50 Ralph Sampsonが受賞しており#23 Michael Jordanが受賞した翌年には#33 Patrick Ewingが受賞した。

1985-86 seasonChicago BullsStan Albeckヘッドコーチのもと30-52の成績を残しチームにはルーキーで #34 Charles Oakleyが入団し#23 Michael Jordan自身は怪我の為多くの試合を欠場し、出場したわずか18試合のうち7試合にスターターとしてプレーして平均22.7得点、3.6リバウンド、2.9アシスト、2.1スティール、1.2ブロックを記録しチームに貢献している1985-86 season途中にMVPには#11 Isiah Thomasが輝きReunion Arena, Dallas, TXで開催された1986 NBA All-Star Gameに選出されるも怪我の為プレー出来ずEasternのスターターには#11 Isiah Thomas, #33 Larry Bird, #2 Moses Malone, #4 Sidney Moncrief, #6 Julius Ervingが選出、Easternのリザーブメンバーには#52 Buck Williams, #32 Kevin McHale, #21 Dominique Wilkins, #10 Maurice Cheeks, #24 Jeff Malone, #00 Robert Parishが選出されプレーした。怪我から復帰後のプレーを再開して間もない#23 Michael Jordanが迎えたNBA Play Off Eastern Conference First RoundK.C. Jonesヘッドコーチのもと67-15の成績を残しチームにはルーキーで#11 Sam Vincentが入団しこの1986年のNBA Championとなる#33 Larry Bird, #32 Kevin McHale, #3 Dennis Johnson, #44 Danny Ainge, #00 Robert Parish, #5 Bill Walton, #12 Jerry Sichting, #8 Scott Wedman, #34 Rick Carlisle, #50 Greg Kiteなどのメンバーが揃ったBoston Celticsと対戦し#23 Michael Jordanは驚異的なプレーを連続するBoston Gardenで行われたGame1で49得点、4リバウンド、2アシスト、2スティール、1ブロックを記録し、続くGame2では#33 Larry Birdが「#23 Michael Jordanの姿をした神だ」といった63得点、5リバウンド、6アシスト、3スティール、2ブロックを記録した伝説の試合である。シリーズは0-3で敗退しているが記憶に残る1985-86seasonであった。

1986-87 seasonChicago BullsDoug Collinsヘッドコーチのもと40-42の成績を残しチームにはルーキーで#6 Brad Sellers, #10 Pete Myersなどが入団しチームには#23 Michael Jordanを中心に#34 Charles Oakley, #20 Gene Banks, #40 Dave Corzine, #5 John Paxson, #3 Sedale Threatt, #6 Brad Sellers, #21 Elston Turner, #31 Granville Waitersなどが在籍しプレーを共にし#23 Michael Jordan自身は出場した82試合全てにスターターとしてプレーして平均37.1得点、5.2リバウンド、4.6アシスト、2.9スティール、1.5ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1986-87 season途中にMVPには#24 Tom Chambersが輝きKingdome, Seattle, WAで開催された1987 NBA All-Star GameにEasternのスターターとして#4 Moses Malone, #33 Larry Bird, #6 Julius Erving, #21 Dominique Wilkinsと共に選出されEasternのリザーブメンバーには#32 Kevin McHale, #34 Charles Barkley, #11 Isiah Thomas, #24 Jeff Malone, #40 Bill Laimbeer, #00 Robert Parish, #10 Maurice Cheeksが選出されプレーを共にした。むかえたNBA Play Off Eastern Conference First RoundK.C. Jonesヘッドコーチのもと59-23の成績を残しチームには#33 Larry Bird, #32 Kevin McHale, #3 Dennis Johnson, #44 Danny Ainge, #00 Robert Parish, #5 Bill Walton, #12 Jerry Sichting, #20 Darren Daye, #31 Fred RobertsなどをようしたBoston Celticsと対戦し0-3で敗退している。

1987-88seasonChicago BullsDoug Collinsヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームにはルーキーで#33 Scottie Pippen, #54 Horace Grantな入団しチームには#23 Michael Jordanを中心に#11 Sam Vincent, #34 Charles Oakley, #40 Dave Corzine, #5 John Paxson, #6 Brad Sellersなども在籍しプレーを共にし#23 Michael Jordan自身は出場した82試合全てにスターターとしてプレーして平均35.0得点、5.5リバウンド、5.9アシスト、3.2スティール、1.6ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1987-88season途中にMVPには#23 Michael Jordan自身が輝きChicago Stadium, Chicago, ILで開催された1988 NBA All-Star GameにEasternのスターターとして#33 Larry Bird, #21 Dominique Wilkins, #11 Isiah Thomas, #4 Moses Maloneと共に選出されプレーEasternのリザーブメンバーには#44 Danny Ainge, #33 Patrick Ewing, #25 Doc Rivers, #43 Brad Daugherty, #34 Charles Barkley, #32 Kevin McHale, #10 Maurice Cheeksが選出されプレーを共にし#23 Michael Jordan自身は40得点、8リバウンド、3アシスト、4スティール、4ブロックを記録した。NBA Play Off Eastern Conference First RoundではLenny Wilkensヘッドコーチのもと42-40の成績を残しチームにはルーキーで#11 Kevin Johnson, #22 Chris Dudleyが入団しチームには#25 Mark Price, #22 Larry Nance, #43 Brad Daugherty, #4 Ron Harper, #11 Mike Sanders, #18 Hot Rod Williams, #3 Craig Ehlo, #30 Dell CurryなどをようしたCleveland Cavaliersと対戦し3-2の接戦の末勝利し、続くNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsChuck Dalyヘッドコーチのもと54-28の成績を残しチームには#11 Isiah Thomasを中心に#45 Adrian Dantley, #4 Joe Dumars, #40 Bill Laimbeer, #15 Vinnie Johnson, #10 Dennis Rodman, #22 John Salley, #53 James Edwards, #44 Rick MahornなどをようしたDetroit Pistonsと対戦し1-4で敗退している。

この1987-88season1987-88 NBA Season MVP#23 Michael Jordanが受賞した。

1988-89 seasonChicago BullsDoug Collinsヘッドコーチのもと47-35の成績を残しチームにはルーキーで #32 Will Perdueが入団しチームには#23 Michael Jordanを中心に#33 Scottie Pippen, #24 Bill Cartwright, #14 Craig Hodges, #54 Horace Grant, #5 John Paxson, #40 Dave Corzine, #6 Brad Sellersなどが在籍し#23 Michael Jordan自身は出場した81試合全てにスターターとしてプレーして平均32.5得点、8.0リバウンド、8.0アシスト、2.9スティール、0.8ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1988-89 season途中にMVPには#32 Karl Maloneが輝きAstrodome, Houston, TXで開催された1989 NBA All-Star GameにEasternのスターターとして#11 Isiah Thomas, #34 Charles Barkley, #2 Moses Malone, #21 Dominique Wilkinsと共に選出されEasternのリザーブメンバーには#25 Mark Price, #34 Terry Cummings, #22 Larry Nance, #33 Patrick Ewing, #32 Kevin McHale, #13 Mark Jackson, #43 Brad Daughertyが選出されプレーを共にした。NBA Play Off Eastern Conference First RoundLenny Wilkensヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームには#4 Ron Harper, #22 Larry Nance, #25 Mark Price, #43 Brad Daugherty, #18 Hot Rod Williams, #3 Craig Ehlo, #11 Mike Sanders, #30 Tree RollinsなどをようしたCleveland Cavaliersと対戦し3-2で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference SemifinalsRick Pitinoヘッドコーチのもと52-30の成績を残しチームにはルーキーで#11 Rod Stricklandなどが入団しチームには#33 Patrick Ewing, #21 Gerald Wilkins, #4 Johnny Newman, #13 Mark Jackson, #34 Charles Oakley, #55 Kiki Vandeweghe, #6 Trent Tucker, #7 Kenny Walker, #8 Pete MyersなどをようしたNew York Knicksと対戦し4-2で勝利し、むかえたNBA Play Off Eastern Conference FinalsChuck Dalyヘッドコーチのもと63-19の成績を残しチームにはルーキーで#24 Micheal Williamsが入団しチームには#11 Isiah Thomasを中心に#23 Mark Aguirre, #4 Joe Dumars, #40 Bill Laimbeer, #15 Vinnie Johnson, #10 Dennis Rodman, #22 John Salley, #53 James Edwards, #44 Rick Mahorn, #25 John LongなどをようしたDetroit Pistonsと対戦し2-4で敗退している。またこの1989年のNBA ChampionにはDetroit Pistonsが輝いている。

1989-90seasonChicago Bullsは新たなPhil Jacksonヘッドコーチのもと55-27の成績を残しチームにはルーキーで#10 B.J. Armstrong, #34 Stacey Kingらが入団しチームには#23 Michael Jordanを中心に#33 Scottie Pippen, #54 Horace Grant, #24 Bill Cartwright, #5 John Paxson, #14 Craig Hodges, #32 Will Perdueなどのメンバーが揃いプレーを共にし#23 Michael Jordan自身は出場した82試合全てにスターターとしてプレーして平均33.6得点、6.9リバウンド、6.3アシスト、2.8スティール、0.7ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1989-90season途中にMVPには#32 Magic Johnsonが輝きMiami Arena, Miami, FLで開催された1990 NBA All-Star GameにEasternのスターターとして#11 Isiah Thomas, #33 Patrick Ewing, #33 Larry Bird, #34 Charles Barkleyと共に選出されEasternのリザーブメンバーには#00 Robert Parish, #32 Kevin McHale, #4 Joe Dumars, #21 Dominique Wilkins, #31 Reggie Miller, #33 Scottie Pippen, #10 Dennis Rodmanが選出されプレーを共にした。NBA Play Off Eastern Conference First RoundDel Harrisヘッドコーチのもと44-38の成績を残しチームには#21 Alvin Robertson, #22 Ricky Pierce, #25 Paul Pressey, #31 Fred Roberts, #44 Brad Lohaus, #34 Greg AndersonなどをようしたMilwaukee Bucksと対戦し3-1で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference SemifinalsJim Lynamヘッドコーチのもと53-29の成績を残しチームには#34 Charles Barkley, #33 Hersey Hawkins, #12 Johnny Dawkins, #42 Mike Gminski, #44 Rick Mahorn, #20 Ron Andersonなどが在籍したPhiladelphia 76ersと対戦し4-1で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference FinalsChuck Dalyヘッドコーチのもと59-23の成績を残しチームには#11 Isiah Thomasを中心に#23 Mark Aguirre, #4 Joe Dumars, #40 Bill Laimbeer, #15 Vinnie Johnson, #10 Dennis Rodman, #22 John Salley, #53 James Edwards, #33 Dave Greenwood, #20 William Bedford, #12 Gerald HendersonなどをようしたDetroit Pistonsと対戦し3-4で敗退している。またこの1990年のNBA ChampionDetroit Pistonsが2年連続で輝いている。

1990-91seasonChicago BullsPhil Jacksonヘッドコーチのもと61-21の成績を残しチームにはルーキーで#42 Scott Williamsが入団しチームには#23 Michael Jordanを中心に#33 Scottie Pippen, #54 Horace Grant, #24 Bill Cartwright, #5 John Paxson, #10 B.J. Armstrong, #14 Craig Hodges, #32 Will Perdue, #52 Cliff Levingston, #34 Stacey Kingなどのメンバーが揃いプレーを共にし#23 Michael Jordan自身は出場した82試合全てにスターターとしてプレーして平均31.5得点、6.0リバウンド、5.5アシスト、2.7スティール、1.0ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1990-91season途中にMVPには#34 Charles Barkleyが輝きCharlotte Coliseum, Charlotte, NCで開催された1991 NBA All-Star GameにEasternのスターターとして#34 Charles Barkley, #33 Patrick Ewing, #30 Bernard King, #4 Joe Dumarsと共に選出されEasternのリザーブメンバーには#21 Dominique Wilkins, #22 Ricky Pierce, #33 Hersey Hawkins, #32 Kevin McHale, #43 Brad Daugherty, #21 Alvin Robertson, #00 Robert Parishが選出されプレーを共にした。この1990-91season1990-91 NBA Season MVP#23 Michael Jordanが受賞した。

NBA Play Off Eastern Conference First RoundStu Jacksonヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりにJohn MacLeodヘッドコーチが就任しチームには#55 Kiki Vandeweghe, #33 Patrick Ewing, #21 Gerald Wilkins, #1 Maurice Cheeks, #6 Trent Tucker, #34 Charles Oakley, #32 Jerrod Mustaf, #7 Kenny Walker, #3 John Starks, #13 Mark JacksonなどをようしたNew York Knicksと対戦し3-0で勝利し、NBA Play off Eastern Conference SemifinalsJim Lynamヘッドコーチのもと44-38の成績を残しチームにはルーキーで#8 Mario Elie, #55 Jayson Williamsなどが入団しチームには#34 Charles Barkleyを中心に#33 Hersey Hawkins, #35 Armen Gilliam, #20 Ron Anderson, #9 Rickey Green, #4 Andre Turner, #44 Rick Mahorn, #11 Manute Bolなどが在籍したPhiladelphia 76ersと対戦し4-1で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference FinalsではChuck Dalyヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームには#11 Isiah Thomasを中心に#23 Mark Aguirre, #4 Joe Dumars, #40 Bill Laimbeer, #15 Vinnie Johnson, #10 Dennis Rodman, #22 John Salley, #53 James Edwards, #30 Tree Rollins, #35 Scott HastingsなどをようしたDetroit Pistonsと対戦し4-0のスウィ―プで勝利し、1991 NBA FinalsMike Dunleavyヘッドコーチのもと58-24の成績を残しチームにはルーキーで#41 Elden Campbell, #34 Tony Smithなどが入団しチームには#32 Magic Johnson, #42 James Worthy, #14 Sam Perkins, #12 Vlade Divac, #4 Byron Scott, #45 A.C. Green, #20 Terry Teagle, #43 Mychal Thompsonなどのメンバーが揃ったLos Angeles Lakersと対戦して4-1で勝利し見事1991 NBA Championに輝いた。このシリーズで#23 Michael Jordan1990-91 NBA Finals MVPを受賞した。

1991-92seasonChicago BullsPhil Jacksonヘッドコーチのもと67-15の成績を残しチームには#23 Michael Jordanを中心に#54 Horace Grant, #33 Scottie Pippen, #5 John Paxson, #42 Scott Williams, #10 B.J. Armstrong, #24 Bill Cartwright, #52 Cliff Levingston, #32 Will Perdue, #21 Stacey King, #20 Bob Hansen, #14 Craig Hodgesなどが在籍しプレーを共にし#23 Michael Jordan自身は出場した80試合全てにスターターとしてプレーして平均30.1得点、6.4リバウンド、6.1アシスト、2.3スティール、0.9ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1991-92season途中にMVPにシーズン中にHIV感染を公表し引退した#32 Magic Johnsonが輝きOrlando Arena, Orlando, FLで開催された1992 NBA All-Star GameでEasternのスターターとして#34 Charles Barkley, #11 Isiah Thomas, #33 Scottie Pippen, #33 Patrick Ewingと共に選出されEasternのリザーブメンバーには#10 Dennis Rodman, #4 Joe Dumars, #35 Reggie Lewis, #43 Brad Daugherty, #25 Mark Price, #10 Michael Adams, #42 Kevin Willisが選出されてプレーを共にした。またWesternのスターターとして#32 Magic Johnson, #22 Clyde Drexler, #32 Karl Malone, #50 David Robinson, #17 Chris Mullinが選出されWesternのリザーブメンバーには#14 Jeff Hornacek, #10 Tim Hardaway, #34 Hakeem Olajuwon, #12 John Stockton, #42 James Worthy, #9 Dan Majerle, #55 Dikembe Mutombo, #33 Otis Thorpeが選出されプレーした。この1991-92season1991-92 NBA Season MVP#23 Michael Jordanが受賞した。

NBA Play Off Eastern Conference First RoundではKevin Lougheryヘッドコーチのもと38-44の成績を残しチームにはルーキーで#3 Steve Smithが入団しチームには#4 Rony Seikaly, #41 Glen Rice, #43 Grant Long, #22 Brian Shaw, #12 Bimbo Coles, #21 Kevin Edwards, #2 Keith AskinsなどをようしたMiami Heatと対戦し3-0で勝利した。続くNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsではPat Rileyヘッドコーチのもと51-31の成績を残しチームにはルーキーで#2 Greg Anthonyが入団しチームには#33 Patrick Ewingを中心に#32 Xavier McDaniel, #3 John Starks, #21 Gerald Wilkins, #13 Mark Jackson, #34 Charles Oakley, #14 Anthony Mason, #55 Kiki Vandewegheなどのメンバーが揃ったNew York Knicksと対戦し4-3の大接戦の末勝利し、NBA Play Off Eastern Conference FinalsLenny Wilkensヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームにはルーキーで#11 Terrell Brandon, #14 Bobby Phills, #24 Jimmy Oliverなどが入団しチームには#43 Brad Daugherty, #25 Mark Price, #22 Larry Nance, #18 Hot Rod Williams, #3 Craig Ehlo, #33 Mike Sanders, #4 Steve Kerr, #35 Danny FerryなどをようしたCleveland Cavaliersと対戦し4-2で勝利し、1992 NBA FinalsRick Adelmanヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームにはルーキーで#14 Robert Packが入団しチームには#22 Clyde Drexlerを中心に#30 Terry Porter, #25 Jerome Kersey, #00 Kevin Duckworth, #3 Clifford Robinson, #9 Danny Ainge, #52 Buck Williams, #2 Mark Bryant, #8 Ennis Whatleyなどをようした Portland Trail Blazersと対戦し4-2で勝利し見事1992年のNBA Championに輝いた。このシリーズで#23 Michael Jordan1991-92 NBA Finals MVPを受賞した。

1992-93seasonChicago BullsPhil Jacksonヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームにはルーキーで#40 Joe Courtney, #3 Jo Jo Englishなどが入団しチームには#23 Michael Jordanを中心に#54 Horace Grant, #33 Scottie Pippen, #5 John Paxson, #42 Scott Williams, #10 B.J. Armstrong, #24 Bill Cartwright, #52 Cliff Levingston, #32 Will Perdue, #21 Stacey King, #6 Trent Tucker, #20 Darrell Walker, #22 Rodney McCrayなどが在籍しプレーを共にし#23 Michael Jordan自身は出場した78試合全てにスターターとしてプレーして平均32.6得点、6.7リバウンド、5.5アシスト、2.3スティール、0.9ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1992-93season途中にMVP#32 Karl Malone#12 John Stocktonが同時受賞しDelta Center, Salt Lake City, UTで開催された1993 NBA All-Star GameにEasternのスターターとして#11 Isiah Thomas, #33 Scottie Pippen, #32 Shaquille O'Neal, #2 Larry Johnsonと共に選出されEasternのリザーブメンバーには#33 Patrick Ewing, #25 Mark Price, #43 Brad Daugherty, #21 Dominique Wilkins, #4 Joe Dumars, #11 Detlef Schrempf, #22 Larry Nanceが選出されプレーを共にした。またWesternのスターターとして#32 Karl Malone, #12 John Stockton, #50 David Robinson, #22 Clyde Drexlerと共に選出された#34 Charles Barkley1992-93seasonよりEasternから移り大親友である#23 Michael Jordanに敬意を表し 背番号を23にした。またWesternのリザーブメンバーには#9 Dan Majerle, #10 Tim Hardaway, #34 Hakeem Olajuwon, #30 Terry Porter, #5 Danny Manning, #32 Sean Elliott, #40 Shawn Kempが選出されプレーした。試合はOTにもつれ込む接戦でWest 135-East 132だった。むかえたNBA Play Off Eastern Conference First RoundBob Weissヘッドコーチのもと43-39の成績を残しチームには#21 Dominique Wilkins, #42 Kevin Willis, #2 Stacey Augmon, #33 Duane Ferrell, #10 Mookie Blaylock, #31 Adam Keefe, #44 Greg Foster, #32 Jon KoncakなどをようしたAtlanta Hawksと対戦し3-0で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference SemifinalsLenny Wilkensヘッドコーチのもと54-28の成績を残しチームには#22 Larry Nance, #25 Mark Price, #43 Brad Daugherty, #21 Gerald Wilkins, #18 Hot Rod Williams, #3 Craig Ehlo, #35 Danny Ferry, #33 Mike Sanders, #11 Terrell Brandon, #14 Bobby PhillsなどをようしたCleveland Cavaliersと対戦し4-0で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference FinalsではPat Rileyヘッドコーチのもと60-22の成績を残しチームにはルーキーで#44 Hubert Davisが入団しチームには#33 Patrick Ewingを中心に#3 John Starks, #14 Anthony Mason, #54 Charles Smith, #34 Charles Oakley, #25 Doc Rivers, #20 Rolando Blackman, #50 Greg Anthony, #32 Herb Williams, #9 Tony Campbellなどのメンバーが揃ったNew York Knicksと対戦し2連敗のあと4連勝し4-2で勝利し、1993 NBA FinalsPaul Westphalヘッドコーチのもと62-20の成績を残しチームにはルーキーで#21 Richard Dumas, #25 Oliver Millerなどが入団する中チームには当初#8 Tim Kempton, #31 Kurt Rambisなどもいたがチームは#34 Charles Barkleyを中心に#7 Kevin Johnson, #9 Dan Majerle, #22 Danny Ainge, #24 Tom Chambers, #41 Mark West, #23 Cedric Ceballos, #3 Frank Johnson, #32 Negele KnightなどのメンバーをようしたPhoenix Sunsと対戦しシリーズの初戦2つを連勝し最後は#5 John Paxsonの華麗なシュートで逆転し結果4-2で勝利し見事1993年のNBA Championに輝いた。このシリーズで#23 Michael Jordan1992-93 NBA Finals MVPを受賞した。この1992-93season終了後引退をしている。

#23 Michael Jordanが突然の復帰を宣言しシーズンの途中のIndiana Pacers戦よりプレーした 1994-95seasonChicago BullsPhil Jacksonヘッドコーチのもと47-35の成績を残しチームにはルーキーで#8 Dickey Simpkinsが入団しチームには#33 Scottie Pippen, #7 Toni Kukoc, #10 B.J. Armstrong, #25 Steve Kerr, #32 Will Perdue, #9 Ron Harper, #13 Luc Longley, #30 Jud Buechler, #20 Pete Myers, #44 Corie Blountなどが在籍しプレーを共にし#45 Michael Jordan自身は出場した17試合全てにスターターとしてプレーして平均26.9得点、6.9リバウンド、5.3アシスト、1.8スティール、0.8ブロックを記録し迎えたNBA Play Off Eastern Conference First RoundAllan Bristowヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームにはルーキーで#4 Darrin Hancockが入団しチームには#33 Alonzo Mourning, #2 Larry Johnson, #30 Dell Curry, #3 Hersey Hawkins, #1 Muggsy Bogues, #11 David Wingate, #44 Kenny Gattison, #00 Robert Parish, #23 Michael AdamsなどをようしたCharlotte Hornetsと対戦し3-1で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference SemifinalsではBrian Hillヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームにはルーキーで#10 Darrell Armstrong, #22 Brooks Thompsonなどが入団しチームには#32 Shaquille O'Neal, #1 Anfernee Hardawayを中心に#3 Dennis Scott, #25 Nick Anderson, #54 Horace Grant, #20 Brian Shaw, #14 Anthony Bowie, #31 Jeff Turner, #5 Donald Royal, #00 Anthony Avent, #30 Tree Rollinsなどのメンバーが揃ったOrlando Magicと対戦し2-4で敗退している。

1995-96seasonChicago BullsPhil Jacksonヘッドコーチのもと72-10のNBA史上最高の成績を残しチームにはルーキーで#35 Jason Caffeyが入団しほか新加入で#91 Dennis Rodman, #22 John Salley, #53 James Edwards, #54 Jack Haleyなどが加入しチームには#23 Michael Jordanを中心に#33 Scottie Pippen, #7 Toni Kukoc, #9 Ron Harper, #13 Luc Longley, #25 Steve Kerr, #34 Bill Wennington, #30 Jud Buechler, #0 Randy Brownなどが在籍しプレーを共にし#23 Michael Jordan自身は出場した82試合全てにスターターとしてプレーして平均30.4得点、6.6リバウンド、4.3アシスト、2.2スティール、0.5ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1995-96season途中にMVP#23 Michael Jordan自身が輝いたAlamodome, San Antonio, TXで開催された1996 NBA All-Star GameにEasternのスターターとしてと#1 Anfernee Hardaway, #32 Shaquille O'Neal, #33 Grant Hill, #33 Scottie Pippenと共に選出されEasternのリザーブメンバーには#11 Terrell Brandon, #31 Reggie Miller, #5 Juwan Howard, #41 Glen Rice, #42 Vin Baker, #33 Alonzo Mourning, #33 Patrick Ewingが選出されプレーを共にした。またWesternのスターターとして#34 Charles Barkley, #40 Shawn Kemp, #32 Jason Kidd, #22 Clyde Drexler, #34 Hakeem Olajuwonが選出されWesternのリザーブメンバーには#20 Gary Payton, #2 Mitch Richmond, #50 David Robinson, #32 Sean Elliott, #32 Karl Malone, #12 John Stockton, #55 Dikembe Mutomboが選出されプレーした。この1995-96season1995-96 NBA Season MVP#23 Michael Jordanが受賞した。

NBA Play Off Eastern Conference First RoundPat Rileyヘッドコーチのもと42-40の成績を残しチームにはルーキーで#22 Voshon Lenard, #40 Kurt Thomas, #5 Sasha Danilovicなどが入団しチームには#33 Alonzo Mourning, #10 Tim Hardawayを中心に#3 Rex Chapman, #14 Tony Smith, #15 Chris Gatling, #42 Walt Williams, #2 Keith Askins, #24 Danny Schayes, #23 Tyrone Corbin, #21 Stacey KingなどをようしたMiami Heatと対戦し3-0で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference SemifinalsDon Nelsonヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりにJeff Van Gundyヘッドコーチが就任しチームには#33 Patrick Ewing, #3 John Starks, #34 Charles Oakley, #14 Anthony Mason, #11 Derek Harper, #44 Hubert Davis, #21 Charlie Ward, #40 Willie Anderson, #32 Herb Williams, #23 Gary Grant, #7 J.R. ReidなどをようしたNew York Knicksと対戦し4-1で勝利しで勝利し、NBA Play Off Eastern Conference FinalsBrian Hillヘッドコーチのもと60-22の成績を残しチームにはルーキーで#42 David Vaughnが入団しチームには#32 Shaquille O'Neal, #1 Anfernee Hardawayを中心に#25 Nick Anderson, #3 Dennis Scott, #54 Horace Grant, #14 Anthony Bowie, #20 Brian Shaw, #5 Donald Royal, #22 Brooks Thompson, #45 Jon Koncak, #12 Joe Wolf, #24 Anthony BonnerなどをようしたOrlando Magicと対戦し4-0のスウィ―プで勝利し、むかえた1996 NBA FinalsGeorge Karlヘッドコーチのもと64-18の成績を残しチームにはルーキーで#3 Eric Snowが入団しチームには#20 Gary Payton, #40 Shawn Kempを中心に#11 Detlef Schrempf, #33 Hersey Hawkins, #14 Sam Perkins, #10 Nate McMillan, #2 Vincent Askew, #50 Ervin Johnson, #34 Frank Brickowski, #25 David Wingate, #55 Steve Schefflerなどのメンバーが揃ったSeattle SuperSonicsと対戦し4-2で勝利し見事この1996年のNBA Championに輝いた。このシリーズで#23 Michael Jordan1995-96 NBA Finals MVPを受賞した。

1996-97seasonChicago BullsPhil Jacksonヘッドコーチのもと69-13の成績を残しチームに#18 Bison Dele, #00 Robert Parishが新加入しチームには#23 Michael Jordanを中心に#33 Scottie Pippen, #91 Dennis Rodman, #7 Toni Kukoc, #9 Ron Harper, #13 Luc Longley, #25 Steve Kerr, #34 Bill Wennington, #30 Jud Buechler, #0 Randy Brownなどが在籍しプレーを共にし#23 Michael Jordan自身は出場した82試合全てにスターターとしてプレーして平均29.6得点、5.9リバウンド、4.3アシスト、1.7スティール、0.5ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1996-97season途中にMVP#41 Glen Riceが輝きGund Arena, Cleveland, OHで開催された1997 NBA All-Star GameにEasternのスターターとして#33 Scottie Pippen, #1 Anfernee Hardaway, #33 Grant Hill, #55 Dikembe Mutomboと共に選出されEasternのリザーブメンバーには#41 Glen Rice, #42 Vin Baker, #32 Christian Laettner, #11 Terrell Brandon, #10 Tim Hardaway, #4 Chris Webber, #4 Joe Dumarsが選出されプレーを共にした。またWesternのスターターとして#34 Hakeem Olajuwon, #20 Gary Payton, #12 John Stockton, #32 Karl Malone, #40 Shawn Kempが選出されWesternのリザーブメンバーには#15 Latrell Sprewell, #2 Mitch Richmond, #11 Detlef Schrempf, #24 Tom Gugliotta, #21 Kevin Garnett, #6 Eddie Jones, #15 Chris Gatlingが選出され戦った。NBA Play Off Eastern Conference First Roundでヘッドコーチがシーズン途中に3人が入れ替わったチームではJim Lynamヘッドコーチ,Bob Staakヘッドコーチ,Bernie Bickerstaffヘッドコーチと代わりチームにはルーキーで#30 Ben Wallaceが入団しチームには#1 Rod Strickland, #5 Juwan Howard, #35 Tracy Murray, #4 Chris Webber, #40 Calbert Cheaney, #77 Gheorghe Muresan, #12 Chris Whitney, #23 Tim Legler, #32 Jaren Jackson, #44 Harvey Grant, #43 Lorenzo WilliamsなどをようしたWashington Bulletsと対戦し3-0で勝利し、NBA Eastern Conference SemifinalsLenny Wilkensヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームには#8 Steve Smith, #32 Christian Laettner, #10 Mookie Blaylock, #55 Dikembe Mutombo, #33 Tyrone Corbin, #44 Alan Henderson, #5 Eldridge Recasner, #35 Darrin Hancock, #28 Ivano Newbill, #17 Jon BarryなどをようしたAtlanta Hawksと対戦し4-1で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference FinalsPat Rileyヘッドコーチのもと61-21の成績を残しチームにはルーキーで#3 Bruce Bowenなどが入団しチームには#10 Tim Hardaway, #33 Alonzo Mourningを中心に#21 Voshon Lenard, #24 Jamal Mashburn, #9 Dan Majerle, #42 P.J. Brown, #8 Isaac Austin, #11 John Crotty, #35 Willie Anderson, #2 Keith Askins, #30 Mark Strickland, #54 Ed PinckneyなどをようしたMiami Heatと対戦し4-1で勝利し、むかえた1997 NBA FinalsJerry Sloanヘッドコーチのもと64-18の成績を残しチームにはルーキーで#40 Shandon Andersonが入団しチームには#32 Karl Malone, #12 John Stocktonを中心に#14 Jeff Hornacek, #3 Bryon Russell, #10 Howard Eisley, #55 Antoine Carr, #00 Greg Ostertag, #44 Greg Foster, #34 Chris Morris, #31 Adam KeefeなどをようしたUtah Jazzと対戦し4-2で勝利し見事この1997年のNBA Championに輝いた。このシリーズで#23 Michael Jordan1996-97 NBA Finals MVPを受賞した。

1997-98seasonChicago BullsPhil Jacksonヘッドコーチのもと62-20の成績を残しチームにはルーキーで#22 Keith Booth, #5 Rusty LaRueが入団し#23 Michael Jordanを中心に#33 Scottie Pippen, #91 Dennis Rodman, #7 Toni Kukoc, #9 Ron Harper, #13 Luc Longley, #25 Steve Kerr, #34 Bill Wennington, #30 Jud Buechler, #24 Scott Burrell, #8 Dickey Simpkins, #0 Randy Brownなどが在籍しプレーを共にし#23 Michael Jordan自身は出場した82試合全てにスターターとしてプレーして平均28.7得点、5.8リバウンド、3.5アシスト、1.7スティール、0.5ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている1997-98season途中にMVPに#23 Michael Jordan自身が輝き Madison Square Garden, New York, NYで開催された1998 NBA All-Star GameでEasternのスターターとして#33 Grant Hill, #40 Shawn Kemp, #55 Dikembe Mutombo, #1 Anfernee Hardawayと共に選出されEasternのリザーブメンバーには#45 Rik Smits, #31 Reggie Miller, #55 Jayson Williams, #10 Tim Hardaway, #41 Glen Rice, #8 Steve Smith, #8 Antoine Walkerが選出されプレーを共にした。また対するWesternのスターターとして#20 Gary Payton, #8 Kobe Bryant, #21 Kevin Garnett, #34 Shaquille O'Neal, #32 Karl Maloneが選出されWesternのリザーブメンバーには#6 Eddie Jones, #50 David Robinson, #42 Vin Baker, #9 Nick Van Exel, #32 Jason Kidd, #2 Mitch Richmond, #21 Tim Duncanが選出されプレーを共にしている。この1997-98season1997-98NBA Season MVP#23 Michael Jordanが受賞した。

NBA Play Off Eastern Conference First RoundJohn Calipariヘッドコーチのもと43-39の成績を残しチームにはルーキーで#44 Keith Van Hornが入団しチームには#10 Sam Cassell, #30 Kerry Kittles, #13 Kendall Gill, #44 Keith Van Horn, #55 Jayson Williams, #20 Sherman Douglas, #15 Chris Gatling, #4 Rony Seikaly, #12 Lucious Harris, #11 Brian Evans, #42 David VaughnなどをようしたNew Jersey Netsと対戦し3-0で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference SemifinalsDave Cowensヘッドコーチのもと51-31の成績を残しチームには#41 Glen Rice, #14 Anthony Mason, #12 Vlade Divac, #4 David Wesley, #13 Bobby Phills, #30 Dell Curry, #10 B.J. Armstrong, #7 J.R. Reid, #15 Corey Beck, #5 Donald Royal, #52 Matt GeigerなどをようしたCharlotte Hornetsと対戦し4-1で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference FinalsLarry Birdヘッドコーチのもと58-24の成績を残しチームにはルーキーで#44 Austin Croshere, #43 Mark Popeなどが入団しチームには#31 Reggie Miller, #45 Rik Smits, #33 Antonio Davis, #13 Mark Jackson, #17 Chris Mullin, #32 Dale Davis, #5 Jalen Rose, #4 Travis Best, #9 Derrick McKey, #41 Mark West, #20 Fred HoibergなどをようしたIndiana Pacersと対戦し接戦の末4-3で勝利し、むかえた1998 NBA FinalsJerry Sloanヘッドコーチのもと62-20の成績を残しチームにはルーキーで#11 Jacque Vaughn, #25 Troy Hudsonなどが入団しチームには#32 Karl Malone, #12 John Stocktonを中心に#3 Bryon Russell, #14 Jeff Hornacek, #40 Shandon Anderson, #10 Howard Eisley, #55 Antoine Carr, #44 Greg Foster, #34 Chris Morris, #00 Greg Ostertag, #31 Adam Keefeなどのメンバーが揃ったUtah Jazzと対戦し4-2で勝利し見事この1998年のNBA Championに輝いた。このシリーズで#23 Michael Jordan1997-98 NBA Finals MVPを受賞した。これにより#23 Michael Jordanは2度の3ピートを達成させた事になる。この1997-98season終了後に引退している。

#23 Michael Jordanが再びNBA復帰をした2001-02seasonWashington WizardsDoug Collinsヘッドコーチのもと37-45の成績を残しチームにはルーキーで#5 Kwame Brown, #3 Brendan Haywood, #21 Bobby Simmons, #36 Etan Thomasの4人のルーキーが入団しチームには#32 Richard Hamilton, #12 Chris Whitney, #4 Courtney Alexander, #10 Tyronn Lue, #24 Hubert Davis, #44 Christian Laettner, #54 Popeye Jones, #8 Tyrone Nesby, #55 Jahidi Whiteなどが在籍しプレーを共にし#23 Michael Jordan自身は出場した60試合うち53試合にスターターとしてプレーして平均22.9得点、5.7リバウンド、5.2アシスト、1.4スティール、0.4ブロックを記録しチーム1位の活躍をしている2001-02season途中にMVP#8 Kobe Bryantが輝きFirst Union Center, Philadelphia, PAで開催された2002 NBA All-Star GameにEasternのスターターとして#3 Allen Iverson, #55 Dikembe Mutombo, #5 Jason Kidd, #8 Antoine Walkerと共に選出されEasternのリザーブメンバーには#34 Ray Allen, #1 Tracy McGrady, #34 Paul Pierce, #3 Shareef Abdur-Rahim, #7 Jermaine O'Neal, #33 Alonzo Mourning, #1 Baron Davisが選出されプレーを共にした。対するWesternのスターターには#8 Kobe Bryant, #21 Tim Duncan, #21 Kevin Garnett, #4 Chris Webber, #3 Steve Francisが選出されWesternのリザーブメンバーには#41 Dirk Nowitzki, #13 Steve Nash, #20 Gary Payton, #42 Elton Brand, #16 Peja Stojakovic, #10 Wally Szczerbiakがプレーを共にした。

2002-03seasonWashington WizardsDoug Collinsヘッドコーチのもと37-45の成績を残しチームにはルーキーで#1 Jared Jeffries, #3 Juan Dixonらが入団しチームには#42 Jerry Stackhouse, #20 Larry Hughes, #5 Kwame Brown, #3 Brendan Haywood, #44 Christian Laettner, #10 Tyronn Lue, #21 Bobby Simmons, #36 Etan Thomas, #3 Bryon Russell, #15 Anthony Goldwire, #34 Charles Oakleyなどが在籍しプレーを共にし#23 Michael Jordan自身は出場した82試合うち67試合にスターターとしてプレーして平均20.0得点、6.1リバウンド、3.8アシスト、1.5スティール、0.5ブロックを記録している2002-03season途中にMVP#21 Kevin Garnettが輝きPhilips Arena, Atlanta, GAで開催された2003 NBA All-Star GameにEasternのスターターとして#3 Allen Iverson, #1 Tracy McGrady, #7 Jermaine O'Neal, #3 Ben Wallaceと共に選出されEasternのリザーブメンバーには#5 Jason Kidd, #15 Vince Carter, #34 Paul Pierce, #52 Brad Miller, #24 Jamal Mashburn, #8 Antoine Walker, #11 Zydrunas Ilgauskasが選出されプレーを共にした。またWesternのスターターには#21 Kevin Garnett, #21 Tim Duncan, #8 Kobe Bryant, #3 Steve Francis, #11 Yao Mingが選出されWesternのリザーブメンバーには#34 Shaquille O'Neal, #31 Shawn Marion, #41 Dirk Nowitzki, #13 Steve Nash, #20 Gary Payton, #3 Stephon Marbury, #16 Peja Stojakovicが選出されプレーしたこの試合はWest 155-East 145と2OTにもつれ込む大接戦を演じた。この2002-03season終了後に引退している。