NBA,バスケットボールミュージアム
Layupshot

Contact usSite Map

免責事項採用情報

© 2012 Layupshot.

Owner. Tadahiro Hakamata

Photo. Kentaro Sawaguchi

Management. KY

Design. planpot™

Check on facebook

21 Layup Bespoke Air Force One

HOME / EVENT / 21Mercer Bespoke Shoes / RM31 Reggie Miller

Nike Bespoke 14/21Mercer Indiana Pacers #31 Reggie Miller

Indiana PacersはIndianapolis, Indiana州に本拠地を置きpacerとは測定馬のことでありインディアナ州は競馬が盛んでまた本拠地のあるインディアナポリスではインディ500マイルレースも知られ、それに用いられるペースカーにもちなんでいる。ホームアリーナはBankers Life Fieldhouseであり以前はConseco Fieldhouseと呼ばれていた。アメリカでもバスケットボール人気の高いIndiana州には、かつてプロチームも存在した中の1967年にABA(American Basketball Association)が結成されると同じくIndiana Pacersは創設される。ABAを代表する強豪の一つだったIndiana Pacersは#30 George McGinnisなどが中心に活躍2連覇を含むほか計5回のリーグ優勝を飾っている。Indiana Hoosiersと呼ばれるIndiana Universityによる熱狂的でバスケットボールを愛してやまないこの地域で必要不可欠なチームとしてNBAに存在していくがチームは低迷が続いた。チームカラーはネイビー、イエロー、シルバーグレーを基調としたものであり球団ロゴにはバスケットボールが描かれている。1987年に#31 Reggie Millerが入団し名将Larry Brownヘッドコーチのもとチームは強豪へと変化し1997-98 seasonより NBA レジェンドの Larry Birdがヘッドコーチとなる迎えた2000 NBA Finalsに進出したIndiana Pacersは Phil Jacksonヘッドコーチ率いるLos Angeles Lakersと対戦し善戦するも2-4で敗退している。
#31 Reggie MillerはNBAを代表するアウトサイドシューターであり、数々の奇跡的な逆転劇を幾度にわたり演出しており相手チームにとって魔の時間帯となることは「ミラー・タイム」と呼ばれ、特にNew York Knicksとの間では"Knick Killer"のあだ名がつく程凄い活躍を見せた。NBAを代表するスタープレーヤーである#31 Reggie Millerは名実ともに21 Layupで紹介したいプレーヤーである。

1987年のNBA Draft 11位でUniversity of California, Los Angelesより Indiana Pacersに入団する。

UCLA Bruins時代には#24 Pooh Richardson, #54 Jack Haleyなどと共にプレーした。またUniversity of California, Los Angeles出身のNBAプレーヤーは数多く#33 Kareem Abdul-Jabbar, #12 Toby Bailey, #6 Arron Afflalo, #1 Trevor Ariza, #22 Matt Barnes, #2 Darren Collison, #1 Baron Davis, #53 Mark Eaton, #5 Tyus Edney, #5 Jordan Farmar, #50 Dan Gadzuric, #54 Jack Haley, #11 Jrue Holiday, #1 Ryan Hollins, #3 Tyler Honeycutt, #24 Jason Kapono, #3 Malcolm Lee, #42 Kevin Love, #15 Darrick Martin, #12 Luc Mbah a Moute, #4 Jelani McCoy, #6 Jerome Moiso, #35 Tracy Murray, #24 Pooh Richardson, #33 Mike Sanders, #1 Dijon Thompson, #55 Kiki Vandeweghe, #32 Bill Walton, #25 Earl Watson, #0 Russell Westbrook, #21 Trevor Wilson, #25 George Zidekなどのほか日本でもおなじみの#5 Charles O'Bannon, #31 Ed O'Bannon兄弟も一時NBAでプレーしている。

1987 NBA Draft第1位はUnited States Naval Academy出身の#50 David Robinsonが2位にUniversity of Nevada, Las Vegas出身の#35 Armen Gilliamが3位にOhio State University出身の#2 Dennis Hopsonが4位にはGeorgetown University出身の#34 Reggie Williamsが5位にUniversity of Central Arkansas出身の#33 Scottie Pippenが指名を受けNBA入りを果たしている他6位にUniversity of North Carolina出身の#30 Kenny Smithが7位にUniversity of California出身の#7 Kevin Johnson, 8位にUniversity of Virginia出身の#0 Olden Polynice, 9位にUniversity of Alabama出身の#9 Derrick McKey, 10位にはClemson University出身の#54 Horace Grantが指名を受け11位にUniversity of California, Los Angeles出身の#31 Reggie Millerが12位にWake Forest University出身の#1 Muggsy Boguesが13位にUniversity of North Carolina出身の#42 Joe Wolfらが指名を受けるほかには18位にはSt. John's University出身の#13 Mark Jackson, 19位にはUniversity of Illinois at Urbana-Champaign出身の#3 Ken Normanが22位にNortheastern University出身の#35 Reggie Lewisが23位にはUniversity of Houston出身の#33 Greg Andersonが26位にIndiana University出身の#4 Steve Alfordが39位にUniversity of Memphis出身の#17 Vincent Askewが52位にはUniversity of Notre Dame出身の#5 Donald Royalが他にも79位にはUniversity of California, Los Angeles出身の#54 Jack Haleyが127位にはリトアニアより#13 Sarunas Marciulionisなどが指名を受けこの1987 NBA DraftNBA入りを果たしている。

#31 Reggie Millerにとってのルーキーシーズンとなる1987-88 seasonIndiana PacersJack Ramsayヘッドコーチのもと38-44の成績を残しチームには#45 Chuck Person, #23 Wayman Tisdaleらが活躍しほか#10 Vern Fleming, #40 Steve Stipanovich, #25 John Long, #32 Herb Williams, #15 Ron Anderson, #4 Scott Skilesなどが在籍しプレーを共にし#31 Reggie Miller自身は出場した82試合のうち1試合に先発出場して平均10.0得点、2.3リバウンド、1.6アシスト、0.6スティール、0.2ブロックを記録した。

1988-89 seasonIndiana Pacersはヘッドコーチがシーズン途中に4人が入れ替わったチームではJack Ramsayヘッドコーチ, Mel Danielsヘッドコーチ, George Irvineヘッドコーチ, Dick Versaceヘッドコーチと入れ替わりチームにはルーキーで#24 Rik Smitsが入団しチームには#45 Chuck Personを中心に#10 Vern Fleming, #11 Detlef Schrempf, #32 Herb Williams, #41 LaSalle Thompson, #25 John Long, #3 Scott Skiles, #14 Randy Wittmanなどが在籍しプレーを共にし#31 Reggie Miller自身は出場した74試合のうち70試合に先発出場して平均16.0得点、3.9リバウンド、3.1アシスト、1.3スティール、0.4ブロックを記録した。

1989-90 seasonIndiana PacersDick Versaceヘッドコーチのもと42-40の成績を残しチームにはルーキーで#20 George McCloudが入団しチームには#31 Reggie Millerを中心に他#11 Detlef Schrempf, #10 Vern Fleming, #45 Chuck Person, #24 Rik Smits, #41 LaSalle Thompson, #33 Mike Sanders, #42 Calvin Natt, #14 Randy Wittmanなどが在籍しプレーを共にし#31 Reggie Miller自身は出場した82試合全てに先発出場して平均24.6得点、3.6リバウンド、3.8アシスト、1.3スティール、0.2ブロックを記録した。1989-90season途中にMVP#32 Magic Johnsonが輝きMiami Arena, Miami, FLで開催された1990 NBA All-Star GameでEasternのスターターには#23 Michael Jordan, #11 Isiah Thomas, #33 Patrick Ewing, #33 Larry Bird, #34 Charles Barkleyが選出されEasternのリザーブメンバーとして自身初となる#00 Robert Parish, #32 Kevin McHale, #4 Joe Dumars, #21 Dominique Wilkins, #10 Dennis Rodman, #33 Scottie Pippenと共に選出されまた対戦したWesternのリザーブメンバーには#17 Chris Mullin, #12 Fat Lever, #24 Tom Chambers, #22 Rolando Blackman, #22 Clyde Drexler, #7 Kevin Johnson, #50 David Robinsonが選出されWesternのスターターには#34 Hakeem Olajuwon, #32 Magic Johnson, #42 James Worthy, #12 John Stockton, #45 A.C. Greenが選出されEast 130-West 113の結果に終わっている。NBA Play Off Eastern Conference First RoundChuck Dalyヘッドコーチのもと59-23の成績を残しチームには#11 Isiah Thomas, #4 Joe Dumars, #40 Bill Laimbeer, #23 Mark Aguirre, #53 James Edwards, #15 Vinnie Johnson, #22 John Salley, #33 Dave Greenwood, #20 William Bedford, #12 Gerald Henderson, #35 Scott Hastingsなどが在籍したDetroit Pistonsと対戦し0-3で敗退している。

1990-91 seasonIndiana PacersDick Versaceヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりにBob Hillヘッドコーチが就任しチームには#31 Reggie Millerを中心に#45 Chuck Person, #4 Micheal Williams, #11 Detlef Schrempf, #24 Rik Smits, #10 Vern Fleming, #41 LaSalle Thompson, #33 Mike Sanders, #54 Greg Dreiling, #14 Randy Wittmanなどが在籍しプレーを共にし#31 Reggie Miller自身は出場した82試合全てに先発出場して平均22.6得点、3.4リバウンド、4.0アシスト、1.3スティール、0.2ブロックを記録した。

NBA Play Off Eastern Conference First RoundChris Fordヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームにはルーキーで#7 Dee Brown, #52 Stojko Vrankovicらが入団しチームには#35 Reggie Lewisほか#32 Kevin McHale, #33 Larry Bird, #00 Robert Parish, #20 Brian Shaw, #34 Kevin Gamble, #54 Ed Pinckney, #43 Derek Smith, #53 Joe KleineなどをようしたBoston Celticsと対戦し2-3の接戦の末敗退している。

1991-92 seasonIndiana PacersBob Hillヘッドコーチのもと40-42の成績を残しチームにはルーキーで#32 Dale Davisが入団しチームには#31 Reggie Millerを中心に#45 Chuck Person, #4 Micheal Williams, #11 Detlef Schrempf, #24 Rik Smits, #10 Vern Fleming, #41 LaSalle Thompson, #20 George McCloud, #54 Greg Dreilingなどが在籍しプレーを共にし#31 Reggie Miller自身は出場した82試合全てに先発出場して平均20.7得点、3.9リバウンド、3.8アシスト、1.3スティール、0.3ブロックを記録した。NBA Play Off Eastern Conference First RoundChris Fordヘッドコーチのもと51-31の成績を残しチームにはルーキーで#44 Rick Foxが入団しチームには#35 Reggie Lewisが活躍しほか#32 Kevin McHale, #34 Kevin Gamble, #00 Robert Parish, #5 John Bagley, #54 Ed Pinckney, #7 Dee Brown, #33 Larry Bird, #53 Joe KleineなどをようしたBoston Celticsと対戦し0-3で敗退している。

1992-93 seasonIndiana PacersBob Hillヘッドコーチのもと41-41の成績を残しチームにはルーキーで#21 Malik Sealyが入団しチームには#31 Reggie Millerを中心に#45 Rik Smits, #11 Detlef Schrempf, #10 Vern Fleming, #21 George McCloud, #32 Dale Davisと新加入で#24 Pooh Richardson, #41 LaSalle Thompson, #5 Sam Mitchellなどが在籍しプレーを共にし#31 Reggie Miller自身は出場した82試合全てに先発出場して平均21.2得点、3.1リバウンド、3.2アシスト、1.5スティール、0.3ブロックを記録した。NBA Play Off Eastern Conference First RoundPat Rileyヘッドコーチのもと60-22の成績を残しチームにはルーキーで#44 Hubert Davisが入団しチームには#33 Patrick Ewingを中心に#3 John Starks, #14 Anthony Mason, #54 Charles Smith, #34 Charles Oakley, #25 Doc Rivers, #20 Rolando Blackman, #50 Greg Anthony, #32 Herb Williams, #9 Tony Campbellなどのメンバーが揃ったNew York Knicksと対戦し1-3で敗退している。

1993-94 seasonIndiana Pacersは新たにLarry Brownヘッドコーチを迎え47-35の成績を残しチームにはルーキーで#33 Antonio Davisが入団しチームの中心は#31 Reggie Millerでほか#45 Rik Smits, #33 Antonio Davis, #3 Haywoode Workman, #4 Byron Scott, #32 Dale Davis, #10 Vern Fleming, #5 Sam Mitchell, #41 LaSalle Thompsonなどが在籍しプレーを共にし#31 Reggie Miller自身は出場した79試合全てに先発出場して平均19.9得点、2.7リバウンド、3.1アシスト、1.5スティール、0.3ブロックを記録した。むかえたNBA Play Off Eastern Conference First RoundBrian Hillヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームにはルーキーで#1 Anfernee Hardawayが入団しチームには#32 Shaquille O'Nealを中心に#3 Dennis Scott, #25 Nick Anderson, #5 Donald Royal, #00 Anthony Avent, #42 Larry Krystkowiak, #4 Scott Skiles, #30 Tree Rollins, #14 Anthony Bowieなどのメンバーが揃ったOrlando Magicと対戦して3-0のスウィ―プで勝利し、続くNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsLenny Wilkensヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームには#5 Danny Manningを中心に#10 Mookie Blaylock, #42 Kevin Willis, #3 Craig Ehlo, #2 Stacey Augmon, #33 Duane Ferrell, #28 Andrew Lang, #32 Jon Koncak, #1 Ennis Whatley, #31 Adam KeefeなどをようしたAtlanta Hawksと対戦し4-2で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference FinalsPat Rileyヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームには#33 Patrick Ewing, #3 John Starks, #34 Charles Oakley, #11 Derek Harper, #54 Charles Smith, #14 Anthony Mason, #50 Greg Anthony, #44 Hubert Davis, #32 Herb Williams, #4 Anthony Bonner, #20 Rolando Blackmanなどのメンバーが揃ったNew York Knicksと対戦し3-4と健闘したが敗退している。この1993-94seasonNew York Knicks1994 NBA Finalsに進出するもHouston Rocketsのまえに敗れている。

1994-95 seasonIndiana PacersLarry Brownヘッドコーチのもと52-30の成績を残しチームには#31 Reggie Millerを中心に#13 Mark Jackson, #45 Rik Smits, #33 Antonio Davis, #3 Haywoode Workman, #4 Byron Scott, #32 Dale Davis, #10 Vern Fleming, #54 Greg Kite, #27 Duane Ferrellなどが在籍しプレーを共にし#31 Reggie Miller自身は出場した81試合全てに先発出場して平均19.6得点、2.6リバウンド、3.0アシスト、1.2スティール、0.2ブロックを記録した。1994-95season途中にMVPには#2 Mitch Richmondが輝きAmerica West Arena, Phoenix, AZで開催された1995 NBA All-Star Gameに対するWesternのスターターには#34 Hakeem Olajuwon, #40 Shawn Kemp, #15 Latrell Sprewell, #9 Dan Majerle, #34 Charles Barkleyらが選出されWesternのリザーブメンバーとして#20 Gary Payton, #2 Mitch Richmond, #55 Dikembe Mutombo, #11 Detlef Schrempf, #32 Karl Malone, #12 John Stockton, #50 David Robinsonが選出されEasternのスターターとして#1 Anfernee Hardaway, #32 Shaquille O'Neal, #33 Scottie Pippen, #33 Grant Hillと共に選出されEasternのリザーブメンバーには#33 Patrick Ewing, #4 Joe Dumars, #2 Larry Johnson, #33 Alonzo Mourning, #3 Dana Barros, #42 Vin Baker, #32 Tyrone Hillが選ばれプレーした結果West 139-East 112に終わった。NBA Play Off Eastern Conference First RoundLenny Wilkensヘッドコーチのもと42-40の成績を残しチームには#8 Steve Smith, #10 Mookie Blaylock, #43 Grant Long, #33 Tyrone Corbin, #28 Andrew Lang, #2 Stacey Augmon, #4 Ken Norman, #3 Craig Ehlo, #22 Greg AndersonなどをようしたAtlanta Hawksと対戦し3-0のスウィ―プで勝利し、NBA Play Off Eastern Conference SemifinalsPat Rileyヘッドコーチのもと55-27の成績を残しチームにはルーキーで#21 Charlie Ward, #2 Monty Williams, #33 Patrick Ewing, #3 John Starks, #11 Derek Harper, #34 Charles Oakley, #54 Charles Smith, #14 Anthony Mason, #50 Greg Anthony, #44 Hubert Davis, #4 Anthony Bonner, #32 Herb Williams, #7 Doug ChristieなどをようしたNew York Knicksと対戦し4-3の接戦の末勝利し、NBA Play Off Eastern Conference FinalsBrian Hillヘッドコーチのもと57-25の成績を残しチームにはルーキーで#10 Darrell Armstrong, #22 Brooks Thompsonなどが入団しチームには#32 Shaquille O'Neal1, #1 Anfernee Hardawayを中心に#3 Dennis Scott, #25 Nick Anderson, #54 Horace Grant, #20 Brian Shaw, #14 Anthony Bowie, #31 Jeff Turner, #5 Donald Royal, #00 Anthony Avent, #30 Tree Rollinsなどのメンバーが揃ったOrlando Magicと対戦し3-4の接戦の末敗退している。この1994-95seasonにはHouston Rocketsが2年連続でNBA Championに輝いている。

1995-96 seasonIndiana PacersLarry Brownヘッドコーチのもと52-30の成績を残しチームにはルーキーで#4 Travis Best, #20 Fred Hoibergらが入団しチームには#31 Reggie Millerを中心に#13 Mark Jackson, #45 Rik Smits, #33 Antonio Davis, #3 Haywoode Workman, #4 Byron Scott, #32 Dale Davis, #22 Ricky Pierce, #8 Eddie Johnsonなどが在籍しプレーを共にし#31 Reggie Miller自身は出場した76試合全てに先発出場して平均21.1得点、2.8リバウンド、3.3アシスト、1.0スティール、0.2ブロックを記録した。1995-96 season途中にMVP#23 Michael Jordanが輝いたAlamodome, San Antonio, TXで開催された1996 NBA All-Star GameにEasternのスターターには#1 Anfernee Hardaway, #32 Shaquille O'Neal, #33 Grant Hill, #23 Michael Jordan, #33 Scottie Pippenが選出されEasternのリザーブメンバーには#11 Terrell Brandon, #5 Juwan Howard, #41 Glen Rice, #42 Vin Baker, #33 Alonzo Mourning, #33 Patrick Ewingと共に選出されプレーを共にした。またWesternのスターターとして#34 Charles Barkley, #40 Shawn Kemp, #32 Jason Kidd, #22 Clyde Drexler, #34 Hakeem Olajuwonが選出されWesternのリザーブメンバーには#20 Gary Payton, #2 Mitch Richmond, #50 David Robinson, #32 Sean Elliott, #32 Karl Malone, #12 John Stockton, #55 Dikembe Mutomboが選出されプレーしEast 129-West 118の結果に終わっている。NBA Play Off Eastern Conference First RoundではLenny Wilkensヘッドコーチのもと46-36の成績を残しチームにはルーキーで#44 Alan Hendersonが入団しチームには#8 Steve Smith, #10 Mookie Blaylock, #32 Christian Laettner, #43 Grant Long, #2 Stacey Augmon, #45 Sean Rooks, #3 Craig Ehlo, #22 Reggie Jordan, #50 Matt Bullardなどをようした Atlanta Hawksと対戦し2-3で敗退している。

1996-97 seasonIndiana PacersLarry Brownヘッドコーチのもと39-43の成績を残しチームにはルーキーで#25 Erick Dampierが入団しチームには新加入で#5 Jalen Roseほか#31 Reggie Millerを中心に#13 Mark Jackson, #45 Rik Smits, #33 Antonio Davis, #3 Haywoode Workman, #4 Byron Scott, #32 Dale Davis, #2 Vincent Askew, #27 Duane Ferrellなどが在籍しプレーを共にし#31 Reggie Miller自身は出場した81試合全てに先発出場して平均21.6得点、3.5リバウンド、3.4アシスト、0.9スティール、0.3ブロックを記録した。1996-97 seasonNBA Play Off進出を逃している。

1997-98seasonIndiana PacersLarry Birdヘッドコーチのもと58-24の成績を残しチームにはルーキーで#44 Austin Croshere, #43 Mark Popeらが入団しチームには#31 Reggie Millerを中心に#45 Rik Smits, #33 Antonio Davis, #13 Mark Jackson, #32 Dale Davis, #5 Jalen Rose, #17 Chris Mullin, #4 Travis Best, #20 Fred Hoiberg, #9 Derrick McKey, #41 Mark Westなどが在籍し共にプレーし#31 Reggie Miller自身は出場した81試合全てにスターターとして出場して平均19.5得点、2.9リバウンド、2.1アシスト、1.0スティール、0.1ブロックを記録した。1997-98season途中にMVP#23 Michael Jordanが輝きMadison Square Garden, New York, NYで開催された1998 NBA All-Star GameでEasternのスターターとして#33 Grant Hill, #40 Shawn Kemp, #55 Dikembe Mutombo, #1 Anfernee Hardaway, #23 Michael Jordanが選出されEasternのリザーブメンバーとして#45 Rik Smits, #55 Jayson Williams, #10 Tim Hardaway, #41 Glen Rice, #8 Steve Smith, #8 Antoine Walkerと共に選出されプレーを共にした。また対するWesternのスターターとして#20 Gary Payton, #8 Kobe Bryant, #21 Kevin Garnett, #34 Shaquille O'Neal, #32 Karl Maloneが選出されWesternのリザーブメンバーには#6 Eddie Jones, #50 David Robinson, #42 Vin Baker, #9 Nick Van Exel, #32 Jason Kidd, #2 Mitch Richmond, #21 Tim Duncanが選出されプレーを共にして結果East 135-West 114に終わっている。

迎えたNBA Play Off Eastern Conference First RoundMike Fratelloヘッドコーチのもと47-35の成績を残しチームには4人のルーキーが活躍することになる#23 Derek Anderson, #45 Cedric Henderson, #11 Zydrunas Ilgauskas, #12 Brevin Knightなどが入団しチームには#40 Shawn Kemp, #1 Wesley Person, #52 Vitaly Potapenko, #35 Danny Ferry, #3 Bob Sura, #2 Scott BrooksなどをようしたCleveland Cavaliersと対戦し3-1で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference SemifinalsではJeff Van Gundyヘッドコーチのもと43-39の成績を残しチームには #20 Allan Houston, #3 John Starks, #2 Larry Johnson, #34 Charles Oakley, #21 Charlie Ward, #1 Chris Childs, #33 Patrick Ewing, #42 Chris Mills, #35 Terry Cummings, #52 Buck Williams, #14 Chris Dudley, #13 Anthony BowieなどをようしたNew York Knicksと対戦し4-1で勝利し、続くNBA Play Off Eastern Conference FinalsPhil Jacksonヘッドコーチのもと62-20の成績を残しチームにはルーキーで#22 Keith Booth, #5 Rusty LaRueなどが入団しチームには#23 Michael Jordan, #33 Scottie Pippen, #7 Toni Kukoc, #13 Luc Longley, #9 Ron Harper, #25 Steve Kerr, #91 Dennis Rodman, #24 Scott Burrell, #34 Bill Wennington, #8 Dickey Simpkins, #30 Jud Buechler, #0 Randy Brownなどのメンバーが揃ったChicago Bullsと対戦し3-4の接戦の末敗退している。この1998年のNBA Championには2年連続でChicago Bullsが輝いている。

1998-99seasonIndiana PacersLarry Birdヘッドコーチのもと33-17の成績を残しチームにはルーキーで#25 Al Harringtonが入団しチームには#31 Reggie Miller, #5 Jalen Rose, #45 Rik Smits, #13 Mark Jackson, #17 Chris Mullin, #32 Dale Davis, #33 Antonio Davis, #14 Sam Perkins, #31 Derrick McKey, #4 Travis Best, #20 Fred Hoiberg, #44 Austin Croshereなどが在籍しプレーを共にし#31 Reggie Miller自身は出場した50試合全てにスターターとしてプレーして平均18.4得点、2.7リバウンド、2.2アシスト、0.7スティール、0.2ブロックを記録した。迎えたNBA Play Off Eastern Conference First RoundGeorge Karlヘッドコーチのもと28-22の成績を残しチームにはルーキーで#54 Robert Traylorが入団しチームには#34 Ray Allen, #13 Glenn Robinso, #20 Sam Cassell, #5 Tim Thomas, #12 Michael Curry, #10 Armen Gilliam, #40 Ervin Johnson, #3 Haywoode Workman, #30 Dell Curry, #25 Chris Gatlingnなどが在籍しMilwaukee Bucksと対戦し3-0で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference SemifinalsLarry Brownヘッドコーチのもと28-22の成績を残しチームにはルーキーで#21 Larry Hughes, #14 Nazr Mohammedなどが入団しチームには#3 Allen Iverson, #52 Matt Geiger, #20 Eric Snow, #9 George Lynch, #42 Theo Ratliff, #40 Tyrone Hill, #8 Aaron McKie, #4 Rick Mahorn, #44 Harvey GrantなどをようしたPhiladelphia 76ersと対戦し4-0で勝利し、続くNBA Eastern Conference FinalsJeff Van Gundyヘッドコーチのもと27-23の成績を残しチームには#8 Latrell Sprewell, #20 Allan Houston, #2 Larry Johnson, #23 Marcus Camby, #33 Patrick Ewing, #40 Kurt Thomas, #1 Chris Childs, #21 Charlie Ward, #14 Chris Dudley, #11 Rick Brunson, #32 Herb Williamsなどをようし第8シードで勝ち上がってきたNew York Knicksと対戦し2-4で敗退している。

1999-00seasonIndiana PacersLarry Birdヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームにはルーキーで #24 Jonathan Bender, #10 Jeff Fosterが入団しチームには#31 Reggie Miller, #5 Jalen Roseらを中心に #45 Rik Smits, #44 Austin Croshere, #4 Travis Best, #32 Dale Davis, #13 Mark Jackson, #14 Sam Perkins, #9 Derrick McKey, #17 Chris Mullin, #55 Zan Tabakなどが在籍し#31 Reggie Miller自身は出場した81試合全てにスターターとしてプレーして平均18.1得点、3.0リバウンド、2.3アシスト、1.0スティール、0.3ブロックを記録した。1999-00season途中にMVPには#21 Tim Duncan#34 Shaquille O'Nealが同時受賞となったOakland Arena, Oakland, CAで開催された2000 NBA All-Star Gameに対戦した#21 Kevin Garnett, #21 Tim Duncan, #32 Jason Kidd, #34 Shaquille O'Neal, #8 Kobe BryantがWesternのスターターとして選出されWesternのリザーブメンバーでは#30 Rasheed Wallace, #20 Gary Payton, #4 Chris Webber, #12 John Stockton, #4 Michael Finley, #50 David Robinson, #32 Karl Maloneが選出されプレーし、Easternのスターターには#3 Allen Iverson, #15 Vince Carter, #33 Alonzo Mourning, #6 Eddie Jones, #33 Grant Hillが選出されEastern のリザーブメンバーとして #20 Allan Houston, #34 Ray Allen, #13 Glenn Robinson, #55 Dikembe Mutombo, #42 Jerry Stackhouse, #32 Dale Davisと共に選出され試合結果はWest 137-East 126となった。迎えたNBA play Off Eastern Conference First RoundではGeorge Karlヘッドコーチのもと42-40の成績を残しチームにはルーキーで#11 Rafer Alstonが入団しチームには#34 Ray Allen, #10 Sam Cassell, #13 Glenn Robinson, #5 Tim Thomas, #42 Scott Williams, #40 Ervin Johnson, #15 Vinny Del Negro, #21 Darvin Ham, #54 Robert Traylor, #25 Danny ManningなどをようしたMilwaukee Bucksと対戦し3-2で勝利し、続くNBA Play Off Eastern Conference SemifinalsLarry Brownヘッドコーチのもと49-33の成績を残しチームにはルーキーで #33 Jumaine Jones, #50 Todd MacCullochらが入団しチームには#3 Allen Iverson, #8 Aaron McKie, #42 Theo Ratliff, #40 Tyrone Hill, #7 Toni Kukoc, #52 Matt Geiger, #9 George Lynch, #20 Eric Snow, #12 Kevin Ollie, #50 Todd MacCulloch, #33 Jumaine Jonesなどをようした Philadelphia 76ersと対戦し4-2で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference FinalsではJeff Van Gundyヘッドコーチのもと50-32の成績を残しチームには#8 Latrell Sprewell, #20 Allan Houston, #33 Patrick Ewing, #2 Larry Johnson, #21 Charlie Ward, #1 Chris Childs, #23 Marcus Camby, #40 Kurt Thomas, #14 Chris Dudley, #44 John Wallace, #9 Rick BrunsonなどをようしたNew York Knicksと対戦し4-2で勝利し2000 NBA Finalsに進出した。2000 NBA FinalsではPhil Jacksonヘッドコーチのもと67-15の成績を残しチームにはルーキーで#3 Devean Georgeが入団しチームには#34 Shaquille O'Nealを中心に#8 Kobe Bryant, #41 Glen Rice, #4 Ron Harper, #5 Robert Horry, #20 Brian Shaw, #17 Rick Fox, #2 Derek Fisher, #45 A.C. Green, #40 Travis Knight, #16 John Salleyなどのメンバーが揃ったLos Angeles Lakersと対戦し2-4で敗退している。この2000年はLos Angeles LakersNBA Championに輝いた。

2000-01 seasonIndiana Pacersは新たにIsiah Thomasヘッドコーチに就任し41-41の成績を残しチームには#31 Reggie Miller, #5 Jalen Roseらを中心に#44 Austin Croshere, #4 Travis Best, #7 Jermaine O'Neal, #10 Jeff Foster, #9 Derrick McKey, #3 Al Harrington, #14 Sam Perkins, #2 Tyus Edney, #55 Zan Tabak, #24 Jonathan Benderなどが在籍しプレーを共にし#31 Reggie Miller自身は出場した81試合全てに先発出場して平均18.9得点、3.5リバウンド、3.2アシスト、1.0スティール、0.2ブロックを記録した。NBA Play Off Eastern Conference First RoundLarry Brownヘッドコーチのもと56-26の成績を残しチームにはルーキーで#19 Raja Bellが入団し#3 Allen Iversonを中心に#8 Aaron McKie, #55 Dikembe Mutombo, #20 Eric Snow, #40 Tyrone Hill, #33 Jumaine Jones, #9 George Lynch, #50 Todd MacCulloch, #52 Matt Geiger, #5 Kevin Ollie, #23 Rodney BufordなどをようしたPhiladelphia 76ersと対戦し1-3で敗退している。

2001-02 seasonIndiana PacersIsiah Thomasヘッドコーチのもと42-40の成績を残しチームにはルーキーで#11 Jamaal Tinsley, #27 Primoz Brezecらが入団しチームには#7 Jermaine O'Nealほか#5 Jalen Roseも一時在籍し#52 Brad Miller, #3 Al Harrington, #15 Ron Artest(Metta World Peace), #5 Ron Mercer, #12 Kevin Ollie, #44 Austin Croshere, #10 Jeff Fosterなどが在籍しプレーを共にし#31 Reggie Miller自身は出場した79試合全てに先発出場して平均16.5得点、2.8リバウンド、3.2アシスト、1.1スティール、0.1ブロックを記録した。NBA Play Off Eastern Conference First RoundByron Scottヘッドコーチのもと52-30の成績を残しチームにはルーキーで#24 Richard Jefferson, #35 Jason Collins, #21 Brian Scalabrineなどが入団しチームには#5 Jason Kiddのほか#6 Kenyon Martin, #2 Keith Van Horn, #30 Kerry Kittles, #12 Lucious Harris, #34 Aaron Williams, #11 Todd MacCulloch, #8 Anthony Johnsonなどが在籍したNew Jersey Netsと対戦し2-3の接戦の末敗退している。

2002-03 seasonIndiana PacersIsiah Thomasヘッドコーチのもと48-34の成績を残しチームにはルーキーで#20 Fred Jonesが入団しチームには#7 Jermaine O'Neal, #23 Ron Artest(Metta World Peace), #52 Brad Miller, #11 Jamaal Tinsley, #5 Ron Mercer, #21 Erick Strickland, #3 Al Harrington, #24 Jonathan Bender, #44 Austin Croshere, #10 Jeff Foster, #14 Tim Hardawayなどが在籍しプレーを共にし#31 Reggie Miller自身は出場した70試合全てに先発出場して平均12.6得点、2.5リバウンド、2.4アシスト、0.9スティール、0.1ブロックを記録した。NBA Play Off Eastern Conference First RoundJim O'Brienヘッドコーチのもと44-38の成績を残しチームには#34 Paul Pierce, #8 Antoine Walker, #28 Tony Delk, #0 Walter McCarty, #55 Eric Williams, #30 Mark BlountなどがプレーしたBoston Celticsと対戦して2-4で敗退している。

2003-04 seasonIndiana PacersRick Carlisleヘッドコーチのもと61-21の成績を残しチームにはルーキーで#33 James Jonesが入団しチームには#7 Jermaine O'Neal, #23 Ron Artest(Metta World Peace), #3 Al Harrington, #11 Jamaal Tinsleyらが活躍し他#24 Jonathan Bender, #8 Anthony Johnson, #20 Fred Jones, #44 Austin Croshere, #10 Jeff Foster, #13 Kenny Anderson, #62 Scot Pollardなどが在籍しプレーを共にし#31 Reggie Miller自身は出場した80試合全てに先発出場して平均10.0得点、2.4リバウンド、3.1アシスト、0.8スティール、0.1ブロックを記録した。NBA Play Off Eastern Conference First RoundJim O'Brienヘッドコーチがシーズン途中に解任され代わりにJohn Carrollヘッドコーチが就任しチームにはルーキーで#43 Kendrick Perkins, #11 Marcus Banksらが入団しチームには#34 Paul Pierceを中心に#7 Chucky Atkins, #30 Mark Blount, #12 Ricky Davis, #44 Jiri Welsch, #0 Walter McCarty, #4 Chris Mihm, #20 Jumaine Jones, #13 Dana Barros, #5 Michael StewartなどをようしたBoston Celticsと対戦し4-0のスウィ―プで勝利し、NBA Play Off Eastern Conference SemifinalsStan Van Gundyヘッドコーチのもと42-40の成績を残しチームにはルーキーで#40 Udonis Haslemがチームの中心になる#3 Dwyane Wade同様に入団しチームには#6 Eddie Jones, #7 Lamar Odom, #4 Caron Butler, #44 Brian Grant, #11 Rafer Alston, #35 Malik Allen, #45 Rasual Butlerなどが在籍したMiami Heatと対戦し4-2で勝利し、NBA Play Off Eastern Conference FinalsLarry Brownヘッドコーチのもと54-28の成績を残しチームにはルーキーで#31 Darko Milicicが入団しチ-ムには#32 Richard Hamilton, #1 Chauncey Billups, #30 Rasheed Wallace, #3 Ben Wallace, #22 Tayshaun Prince, #34 Corliss Williamson, #13 Mehmet Okur, #7 Mike James, #10 Lindsey Hunter, #41 Elden Campbell, #8 Darvin Hamなどのメンバーでこの2004年のNBA Championに輝いたDetroit Pistonsと対戦し2-4で敗退している。

2004-05 seasonIndiana PacersRick Carlisleヘッドコーチのもと44-38の成績を残しチームにはルーキーで#13 David Harrisonが入団しシーズン前半にDetroit Pistonsとの間での乱闘事件により#91 Ron Artest(Metta World Peace)がチームから外れ#7 Jermaine O'Neal, #1 Stephen Jackson, #11 Jamaal Tinsley, #8 Anthony Johnson, #10 Jeff Foster, #32 Dale Davis, #20 Fred Jones, #33 James Jones, #44 Austin Croshere, #62 Scot Pollardなどが在籍しプレーを共にし#31 Reggie Miller自身は出場した66試合全てに先発出場して平均14.8得点、2.4リバウンド、2.2アシスト、0.8スティール、0.1ブロックを記録した。NBA Eastern Conference First RoundDoc Riversヘッドコーチのもと45-37の成績を残しチームにはルーキーで#13 Delonte West, #7 Al Jefferson, #42 Tony Allenらが入団しチームには#34 Paul Pierceを中心に#88 Antoine Walker, #12 Ricky Davis, #20 Gary Payton, #45 Raef LaFrentz, #11 Marcus Banks, #43 Kendrick Perkins, #30 Mark BlountなどをようしたBoston Celticsと対戦し4-3の接戦の末勝利し、NBA Play Off Eastern Conference SemifinalsLarry Brownヘッドコーチのもと54-28の成績を残しチームにはルーキーで#20 Carlos Delfinoが入団しチームには#32 Richard Hamilton, #1 Chauncey Billups, #36 Rasheed Wallace, #22 Tayshaun Prince, #3 Ben Wallace, #24 Antonio McDyess, #10 Lindsey Hunter, #30 Carlos Arroyo, #41 Elden Campbell, #31 Darko Milicic, #8 Darvin Ham, #12 Ronald Dupreeなどのメンバーが揃ったDetroit Pistonsのまえに2-4で敗退している。この2004-05 season終了後に#31 Reggie Millerは引退している。